review

「名探偵ピカチュウ」レビュー 最大の見所は粘り強く作り込まれた「ポケモンのいる世界」そのもの

「名探偵ピカチュウ」レビュー 最大の見所は粘り強く作り込まれた「ポケモンのいる世界」そのもの
名探偵ピカチュウ/東宝

→Amazonでチェックする

最大の見せ場は「ポケモンのいる世界」そのものだった。世代直撃真面目な実写版


今日22日21時より、日本テレビ「金曜ロードSHOW!」で「名探偵ピカチュウ」が放送される。

世界中で大人気の「ピカチュウ」がハリウッドで初の実写映画デビュー。刑事役で出演する渡辺謙をはじめ、竹内涼真、西島秀俊、飯豊まりえらが声優を務めた。

2019年の公開当時にエキレビ!で掲載した、ライターしげる氏によるレビューを再掲する(日付などは当時のまま掲載)。

気弱な青年とおっさんボイスのピカチュウ、巨大な陰謀に挑む


フワフワのピカチュウの中身がおっさん、というか、ライアン・レイノルズ……というギミックで話題となった『名探偵ピカチュウ』。なんのこっちゃというタイトルだが、事実おっさんの声で喋るピカチュウと弱そうな青年が巨大な謎に挑むという、割と題名そのまんま内容である。

田舎に住む保険査定員の青年ティムは、長らく会っていない父で探偵であるハリーの訃報を受け取る。父の同僚だったというヨシダ警部補に面会し遺品を整理するため、人間とポケモンが共存する街であるライムシティへと向かうティム。ヨシダ警部補はハリーの死因が交通事故だったことをティムに告げる。

かつてポケモンが大好きな少年だったティム。しかし母が亡くなったにも関わらずポケモンが関係する事件の捜査に出て行って戻らなかった父との確執から、ポケモンのことを避けるようになっていた。ハリーの部屋で遺品を整理するティム。しかし、父の部屋には謎のガスが閉じ込められたアンプルがあり、さらに部屋の中にはティムにしか聞こえない人語を話し、自分が探偵だと言い張る記憶喪失のピカチュウがいた!

ピカチュウは、かつてハリーの相棒だったと話す。「ハリーはまだ生きている」と言い張るピカチュウに、ハリーの机にあったポケモンを凶暴化させる謎のガス。さらにライムシティにまつわる事件を追う駆け出しのジャーナリストであるルーシーや、街の権力者であるクリフォード親子も絡み、ティムはピカチュウと共にハリーの死にまつわる謎を追うことになる。

おれは年齢的には小学生の頃にポケモンの赤緑が直撃した世代である。それ以降積極的に各タイトルをプレイしているわけではないが、『名探偵ピカチュウ』はそんなおっさんにも優しい作り。ピカチュウはもとより、劇中に登場するポケモンは初期シリーズのものが多く、150匹からさらに数が増えて以降のポケモンはそんなにたくさんは登場しない。

これに関して言えば完全に福利厚生、かつてのキッズたちも見に来てくれよな、という意思表示に他ならないだろう。ちょっと興味があって敢えて今回は吹き替え版を見に行ってみたのだが、映画館には親子連れが大量に詰めかけており、その中にはおれと同世代であろうお父さんやお母さんの姿も。にも関わらず、あんまり知らないポケモンばっかり出て来ちゃったら悲しいもんな……。ちなみに西島秀俊のピカチュウはそんなに違和感なかった(というか違和感があるのが前提なキャスティングですけども)し、あとティム役の竹内涼真の演技も絶妙に気弱そうな感じでよかったと思う。

というわけで『名探偵ピカチュウ』に関して言えば、「そういえば昔ちょっとポケモンやってたな……」という程度のヌルい人が見に行っても大丈夫。細かいところは微妙に気にはなるけれど、基本的にはストーリーもしっかりしており、なによりピカチュウは文句なくかわいいし、ポケモン関係の小ネタも山盛り。良質なファミリームービーと言っていいだろう。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月22日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。