柳楽優弥・有村架純・三浦春馬『太陽の子』 戦渦にありながら決して俯かず、空を仰いだ若者たちの物語
イラスト/AYAMI

特集ドラマ『太陽の子』 核分裂のエネルギーによる爆弾を作る研究は日本でも進められていた

終戦の日から75年が過ぎた2020年8月15日に放送された特集ドラマ『太陽の子』(NHK総合)の英語タイトルは「GIFT OF FIRE」

(以下ネタバレあります)
太平洋戦争末期の京都、朝倉世津(有村架純)ほか、はちまきした少女たちが石炭をくべている。すると火の勢いはぐんぐん大きくなっていく。火は神が我々人類に最初にもたらした叡智であり、でもそれは使い方によっては禍となる。

火に限らず世界には両極の価値を持つものが存在する。1939年、アインシュタインの発見した未知なるエネルギーを求めて、世界中の科学者が研究をはじめた。人類へのGIFT「贈り物」「才能」(英語)になり得たはずのエネルギーは、第二次世界大戦ではGIFT「毒」(ドイツ語)になってしまったという皮肉にもとれるタイトルである。

この未知なるエネルギーを使っていち早く最強の兵器を開発する計画が日本でも進められていた。主人公・石村修(柳楽優弥)は京都帝国大学で、荒勝文策教授(國村隼)のもと、その研究に従事していた。遠心分離法を使って濃縮ウランをつくり、核分裂を起こす。そのため超高速回転の遠心分離機の開発が急がれた。目指すは10万回転。

戦争は激化の一途をたどり、修の幼馴染の世津は、度重なる空襲の備えに住む家を壊され、祖父・清三(山本晋也)と共に、石村家の離れに居候することになる。

軍人だった修の父はすでに亡くなり、弟・裕之(三浦春馬)は空軍に入隊中で、修は母・フミ(田中裕子)とふたりで暮らしていた。

緑が目にまぶしいくらいのある日、裕之が部隊の配置換えによって一時帰宅する。修、裕之、世津、幼い頃から仲良く一緒に過ごしていた3人が久しぶりに集まる。大人になった彼らのそれぞれの進む道はいつしか変わっていた。

修は子供のときからの目標・科学者の道を歩んでいる。裕之は空軍でお国のために活動している。世津は家を壊されても受け入れながら慎ましく生活していた。

その生き方はどれも純粋で、「私たちはただただ今を一生懸命生きていました」という世津のナレーションそのまま。だが、時折、ふと、心の内から制御不能の感情が沸いてくる。

修、裕之、世津の3人に忍び寄る「死」

空襲から身を守るため防空壕にこもりながら、自分たちはなにも役に立っていないと焦る若き科学者たち。そもそも兵器を作ることに加担していいものか。悩む若き研究者たちに教授は、日本がやらなければアメリカが、アメリカがやらねばロシアが、先に作ったほうが世界の運命を決めるのだと説く。さらに、核分裂をコントロールしてエネルギー問題が解決したら戦争はなくなる。教授は世界を変えるために科学をするのだと若者たちに夢を語りかける。

それこそ修が子供のときから、科学に憧れていた理由。科学は、遥か遠い未知なる世界に連れ出してくれる。

「リチウムの原子核に陽子を打ち込むと壊れて2個のアルファ線が出る。リチウムが消えてヘリウムに変わるんや。その時、緑色のきれいな光がかすかに…かすかに飛び出る。こんなにきれいな色、俺は見たことない」

目がつぶれてもいいと思えるほど美しきエネルギーが発する光。原子に対する浪漫を夢中で語る修の言葉は世津にも伝播していく。

「見てみたいな。わたしもきれいな光」

「原子はこの世界を循環しているわけやね」
「原子は死なへんのやね」

修も世津も、戦争でいつ死ぬかもわからない状況にいるが、生まれ変わりながら永遠に世界を循環し続ける原子への希望にひととき救われているように見える。だが、彼らの身近にひたひたひたと死は忍び寄ってくる。

この記事の画像

「柳楽優弥・有村架純・三浦春馬『太陽の子』 戦渦にありながら決して俯かず、空を仰いだ若者たちの物語」の画像1 「柳楽優弥・有村架純・三浦春馬『太陽の子』 戦渦にありながら決して俯かず、空を仰いだ若者たちの物語」の画像2