review

にじさんじ樋口楓が2度目のソロVRライブ ファンメイド曲を含む全13曲をVR空間のステージから熱唱

       
にじさんじ樋口楓が2度目のソロVRライブ ファンメイド曲を含む全13曲をVR空間のステージから熱唱
9月5日に開催された『Kaede Higuchi VR LIVE "Gekka-Bijin"』。昨年6月の樋口楓初めてのVRライブ『Kaede Higuchi VR Live "ReStart Line"』からスケールアップ。ステージは広くなり、楽曲数も2倍以上に
音楽シーンへの進出と活動がますます盛んになっているVTuber界。にじさんじ所属のバーチャルライバー、“でろーん”こと樋口楓も、その流れを先導してきた存在の一人だ。

デビュー間もない時期から、ファンが自主的に作ったファンメイド曲を数多く歌い、2019年1月にはZepp Osaka Baysideで初めてのソロライブを大成功。今年1月には、Lantisレーベルからメジャーデビューも果たしている。

そして、9月5日には、約1年3か月ぶり2度目のソロVRライブ『Kaede Higuchi VR LIVE"Gekka-Bijin"』を、VRライブプラットフォーム「VARK」で開催。ゲストの竜胆尊(にじさんじ)とともに、久しぶりのライブで熱い歌声を響かせた。

本ライブでは、VR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を装着して演者と同じVR空間でライブを観るか、オンラインライブならではのカメラワークも魅力のニコニコ生放送で観るか、という2つの視聴方法を選べたが、今回はニコニコ生放送での視聴体験をレポートしていく。

開幕から4曲連続でファンメイド曲を披露

開演時間になりカウントダウンが終わると、ステージにはアーティスト衣装を着たでろーんの姿が。1曲目は、ファンメイド曲の「ゲッカビジン」。勢いのある和ロックで開幕からいきなり盛り上げていく。

また、突然、ステージと客席の周囲が夕陽に照らされるビル群に変わり、さらに夜景へと変化。その様子をガチ恋距離から遠景まで自由自在に動き回る大胆なカメラワークで捉えていくというオンラインライブならではの映像面の魅力も1曲目から存分に発揮されていた。

にじさんじ樋口楓が2度目のソロVRライブ ファンメイド曲を含む全13曲をVR空間のステージから熱唱
ライブタイトルとの類似からセットリスト入りは予想できた「ゲッカビジン」だが、意表を付いて1曲目で披露。様々に変化するライブ空間の中、でろーんらしいパワフルな歌声を響かせた

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月16日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。