review

人気バーチャルライバー樋口楓が語る1stライブ「絶対に大阪の会場でやりたかった」

2018年の『ネット流行語大賞』で金賞に選ばれた「バーチャル YouTuber(VTuber)」
その活躍のフィールドは、「YouTube」を始めとしたネット上の配信サイトに留まらず、TV、ゲームなど、さまざまなメディアにも進出している。
「にじさんじプロジェクト」所属のVTuber(通称「バーチャルライバー」)である“でろーん”こと樋口楓も、2018年のVTuberの隆盛を牽引した一人。笑い上戸で明るく気取らない性格や高いトークスキルで、グループ内に留まらず、企業などの枠も越えたVTuber同士のコラボを次々と大成功させていった。

そんな、でろーんのもう一つの魅力が高い歌唱力。
1月12日(土)には、初めてのソロライブ「Kaede Higuchi 1st Live “KANA-DERO”」がZepp Osaka Baysideで開催される。その注目度も高く、前売りチケットは完売。現在はニコニコ生放送での配信を視聴可能なネットチケットが発売中だ。
※販売サイトのリンクはこちら
人気バーチャルライバー樋口楓が語る1stライブ「絶対に大阪の会場でやりたかった」
「にじさんじプロジェクト」のバーチャルライバー第1期生として2018年1月から活動を開始した樋口楓。吹奏楽部所属の高校2年生で、愛称の「でろーん」は授業中、「でろーん」とした姿で寝ていたことから

エキレビ!では、地元のバーチャル関西とバーチャル東京を行き来しながら、初のソロライブに向けて慌ただしい日々を過ごすでろーんへのインタビューを実施。音楽活動についてはもちろん、まもなくデビュー1周年を迎えるバーチャルライバー活動全般についても振り返ってもらった。

この1年で、何も無かった私も自信や勇気を持つことができた


──樋口さんがバーチャルライバーとしてTwitterで最初の投稿をしたのが2018年の1月31日、YouTubeに最初の自己紹介動画を投稿したのは2月8日でした。まもなく、デビュー一周年を迎えますが、この約11か月間で特に大きな変化を感じたことを教えて下さい。

あわせて読みたい

  • NHKバーチャルのど自慢 Pに聞いてきた

    NHKバーチャルのど自慢 Pに聞いてきた

  • 小林幸子は大きなロボットでVR空間へ

    小林幸子は大きなロボットでVR空間へ

  • 「色づく世界の明日から」の密かな試み

    「色づく世界の明日から」の密かな試み

  • 新幹線変形ロボシンカリオン Pに聴く

    新幹線変形ロボシンカリオン Pに聴く

  • レビューの記事をもっと見る 2019年1月10日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース