review

にじさんじ樋口楓 1stアルバム『AIM』まもなく発売「17歳の女子高生が感じることを等身大に」

にじさんじ樋口楓 1stアルバム『AIM』まもなく発売「17歳の女子高生が感じることを等身大に」
人気バーチャルライバーグループ「にじさんじ」の創設メンバーで、バーチャル界を代表するシンガーでもある樋口楓。12月10日に後輩の戌亥とこのソロライブにゲスト参加。久々にリアルライブのステージに立つ

樋口楓が新曲11曲とメジャーデビュー曲を含む1stアルバムをリリース

2018年2月から活動を始め、リスナーとも友達感覚で接する飾らない性格や、パワフルな歌声などで人気を集めてきた、「にじさんじプロジェクト」所属のVTuber(バーチャルライバー)、“でろーん”こと樋口楓

【インタビュー後編】樋口楓 1stアルバム『AIM』まもなく発売「表現したいものを言葉にできるような強い人間になりたい」

2020年3月には、アニソンレーベルLantisからメジャー1stシングル『MARBLE』をリリースしてメジャーデビュー。そして、12月16日(水)には、新曲11曲と、『MARBLE』の表題曲を収録した1stアルバム『AIM』をリリースする。

エキレビ!では、VTuber界の音楽シーンのトップをひた走り、リアル世界との壁も突き破ろうとしている17歳のボーカリストにロングインタビュー。前後編の2回に分けて、収録曲の制作の経緯などを語ってもらった。

最初はカバー曲を収録したアルバムになると思っていた

──1stアルバム制作に関する話し合いなどは、いつ頃からスタートしていたのですか?

樋口 『MARBLE』のCDが出来上がった時から、「次、アルバムはどうしようか?」という話が始まりました。以前、ちらっと見せてもらった年間予定表的なものに、「カバーをするかも」みたいなことが書かれていたので、私は、1stアルバムはカバー曲を収録したものになると思い込んでいたんです。

でも、Lantisさんから「どんなクリエイターさんに頼みたい?」「どういうテーマのアルバムを作りたい?」と聞かれて、「カバーアルバムじゃなくて、イチから作ってもらえるんだ!」と驚きました(笑)。嬉しいサプライズでしたね。

──樋口さんの中には、「こんなアルバムにしたい」「こんなクリエイターさんにお願いしたい」といった希望やアイデアはすでにあったのですか?

樋口 まずは、(「MARBLE」の作曲・編曲を担当した)光増(ハジメ)さんが、またサウンドプロデューサーとして入ってくださることになって、すごく嬉しかったです。それで、Lantisさんから「光増さん以外で、曲を書いてもらいたい人がいたら教えて」と言われて。

本当にダメ元で、ナナヲアカリさんとか、YouTuberとして活躍されているみのさんとか、何度か「歌ってみた」の動画で曲を歌わせていただいたみきとPさんたちの名前を挙げていったんです。そうしたら、皆さんから良いお返事がいただけて。「え? 本当に?」みたいな驚きの連続でした(笑)。

──アルバムの全体の方向性については、どのように固まっていったのでしょうか? 

樋口 このご時世なので、Lantisのプロデューサーさんやディレクターさん、光増さんたちとはリモートで何度も会議をして。最初から「ロックってことは忘れたくないよね」といった話はしていました。

あと、「MARBLE」は、「VTuber樋口楓」の自己紹介みたいなニュアンスで、二次元と三次元の壁をなくしていこうという曲だったんですけれど。「今度はそこからどうしていこう?」「VTuberという立場で、どんなアルバムを出そう?」という話にもなっていきました。

私はVTuberなので、今後、年を取るかどうかはわからないですけれど、今の樋口楓は17歳の女子高生。だから、17歳の女子高生が感じることや、今、不安に思っていることを等身大に書いていきたいというお話をして、1曲1曲のテーマをみんなで一緒に練っていきました。

「アンサーソング」は、「22歳の樋口楓」がモチーフ

──ここからは、収録順に各曲についてのお話を聞かせてください。1曲目はアルバムのリードトラックでもある「アンサーソング」です。これは、作詞は平朋崇さん、作曲と編曲は光増さんという「MARBLE」と同じチームの楽曲ですね。

樋口 今年のゴールデンウィークに、5年後の私──「22歳の樋口楓」に手紙や動画でメッセージを送る配信をしたのですが、この曲は、その「22歳の樋口楓」をモチーフにした曲になっています。じつは曲自体は「MARBLE」のデモの時にできていたものというか、Lantisに入って一番最初にできた樋口楓の曲が、この「アンサーソング」になった曲なんですよ。

ただ、考えていたデビュー曲のテーマにあった曲調ではないなと思って、作り替えてもらってできたのが「MARBLE」の曲でした。でも、私も大好きな曲だったから、光増さんに「いつか絶対に、この曲を使わせてもらいます」と約束していたんです。それで、アルバム制作が始まった時、「前のデモ、残ってますか?」と聞いて。その曲が「アンサーソング」になりました。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク