review

赤楚衛二×町田啓太『チェリまほ』が教えてくれたもの

赤楚衛二×町田啓太『チェリまほ』が教えてくれたもの
Blu-ray BOXが2021年3月24日(水)に発売

国内のみならず世界各地で話題沸騰“チェリまほ”こと『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』

去るクリスマスイブに最終回を迎えたテレビ東京【木ドラ25】『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』。深夜の放送だったにもかかわらず、Twitterでは毎週トレンド入りするほどの盛り上がりを見せた今作。ファンの間では“チェリまほ”の愛称で親しまれ、その人気は国内だけではなく、タイや韓国、ベトナムといった海外へも伝播した。

【関連記事】志尊淳 演じるトランスジェンダー女子が良いドラマ「女子的生活」

原作は、pixivで連載中の豊田悠氏による同名コミック。童貞のまま30歳を迎えたことによって、“触れた人の心が読める魔法”を手に入れた地味で冴えないサラリーマン・安達清(赤楚衛二)が、社内随一のイケメンで営業部エースの同期・黒沢優一(町田啓太)に触れ、自分への恋心を知ったことから巻き起こるラブコメディだ。
 
まず、このドラマで特筆すべきは、安達を演じる赤楚、黒沢を演じる町田が、それぞれ素晴らしく“その人”であったこと。営業事務として働く安達は、気弱で心優しく、会社でも仕事を押し付けられがち。髪にはいつも寝癖がついていて、社会人8年目でありながらどこかスーツに着られているような感じで、たしかに目立たないのだけれど放っておけないタイプである。その安達の“子犬感”を、赤楚は見事に体現していた。

対する黒沢は、ルックスも仕事ぶりも人格も、まったく非の打ちどころがないパーフェクトガイ。にもかかわらず、浮世離れしていないというか、「こういう人、いそう」と思わせる説得力を持って画面の中に存在しており、黒沢みたいな人がもし身近にいたら絶対に好きになってしまうと思った。

そんな黒沢からの思いもよらぬ好意に、最初は激しく動揺していた安達。魔法の力によって黒沢の心の声を聞くうちに少しずつ変化していくのだが、なかなか自分の気持ちに気付くことができないでいた。

結論から言えば、物語の中盤、第7話で安達と黒沢は付き合うことになるのだが、そこまでの「キュン」の多さたるや……! そもそも自己肯定感の低い安達。黒沢の想いが伝われば伝わるほど、「自分なんて」と萎縮してしまう。さらに恋愛偏差値が低いことも災いし、黒沢の善意による言葉や行動にすら「これって、どういうこと……?」と考え過ぎてしまう(その狼狽っぷりがまたかわいかったりもするのだが)。

ハタから見れば「安達さん、それはもう恋ですよ」と言いたくなるような気持ちの変化も垣間見られるものの、そこですぐに「僕も黒沢が好き!」とならず、気持ちが確信に変わるまでじっくりと(ときには自分の気持ちや黒沢から逃げつつも)向き合う姿には好感しかない。

一方の黒沢はというと、安達への想いがダダ漏れ。「安達に会いたい。声が聞きたい。できれば笑っていてほしい」と願う黒沢。安達からご飯に誘われれば「昇天しそう」になるほど喜び、安達からちょっと避けられていそうな気配(実際は避けられていない。安達はどう接していいかわからないだけ)を察すると「ウザかったかな」と後悔する。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース オリジナルの主要ニュース

もっと読む

オリジナルニュース

オリジナルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月30日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。