review

『おちょやん』成田凌の登場に心ざわついた朝 いよいよ朝ドラに不可欠な恋物語に突入

『おちょやん』第7週「好きになれてよかった」

第32回〈1月19日 (火) 放送 作:八津弘幸、演出:大嶋慧介〉

『おちょやん』成田凌の登場に心ざわついた朝 いよいよ朝ドラに不可欠な恋物語に突入
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

千代、三角関係に

朝ドラには恋が不可欠。『とと姉ちゃん』の放送時、筆者は制作統括の方に取材し「(前略)人生は、恋愛と仕事の両輪だと思いますので(後略)」という話を聞いた。

【前話レビュー】井川遥の再登場にファーストサマーウイカ、森準人などの新キャラでにぎやかに

有名な劇作家・チェーホフも『かもめ』で「戯曲というものは、やっぱり恋愛がなくちゃいけないと、あたしは思うわ……」とヒロインに語らせていて、ドラマには恋愛が必須、とりわけ女性視聴者の多い朝ドラにも必須と、エキレビ!でも、拙著『みんなの朝ドラ』でも書いたことがある。

『エール』も終盤、主人公とヒロインの娘の恋と結婚の物語が盛り上がったことから、やはり朝ドラと恋は重要と言っていいと考える。

今週の『おちょやん』はサブタイトルが「好きになれてよかった」であり、『おちょやん』でもいよいよ恋が描かれそうな気配が漂ってきた。

千代(杉咲花)ののちの夫となるとあらかじめ情報が出ている天海一平役の成田凌がちょっと登場しただけで心がざわつくのだから、恋物語の力は大きい。しかも、助監督・小暮(若葉竜也)との三角関係を匂わせて……。シンプルだけど、こういうのが盛り上がるのである。

千代、髪結になる

鶴亀撮影所の大部屋女優になり、張り切る千代。わんさかいるから「わんさ」と呼ばれる大部屋女優から一刻も早く抜け出したいという思いばかりは人一倍だが、舞台と映画は勝手が違う。やることなすこと、監督の気に入らないことをして、あっという間に仕事がなくなってしまう。

大部屋では先輩たちに失敗を言いふらされ、ばかにされ、カッとなるも、エキストラとして使いづらいと思われ仕事がないのは事実。ただ、大部屋女優は月給制で仕事があろうがなかろうがお給料がもらえる。そのため、仕事がなくても気にせず、給料だけもらっている志の低い人もいることを知る千代。そういう怠惰な人たちとは考えが違う千代は、できることを探し、髪結の手伝いをはじめた。

美髪部の主任・柳たつ子(湖条千秋)の厳しさにお茶子時代を思い出し、やる気になってしっかり働き始め、髪結の技術がめきめき上がり、真里(吉川愛)に髪結をやるために撮影所に入ったのかと言われてしまうほどになる千代。このまま髪結になったら『おしん』パターン。『おちょやん』は出稼ぎ、つらく当たる人たち、髪結と、『おしん』の下位互換のようだ(下位といっても悪い意味ではなく、ライトバージョンというような意味に受け取ってください)。

『おちょやん』成田凌の登場に心ざわついた朝 いよいよ朝ドラに不可欠な恋物語に突入
写真提供/NHK

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年1月19日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。