review

朝ドラ『おちょやん』井川遥の再登場にファーストサマーウイカ、森準人などの新キャラでにぎやかに

       

『おちょやん』第7週「好きになれてよかった」

第31回〈1月18日 (月) 放送 作:八津弘幸、演出:大嶋慧介〉

朝ドラ『おちょやん』井川遥の再登場にファーストサマーウイカ、森準人などの新キャラでにぎやかに
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

千代、失敗つづき

山村千鳥(若村麻由美)に紹介されて、鶴亀撮影所の大部屋女優になった千代(杉咲花)。いよいよ本格的に女優の道に――と思ったら、まだまだ道は険しかった。

【前話レビュー】華丸命名「ムービングサースディ」あっという間に山村千鳥一座ターン終了

高城百合子(井川遥)の再登場や、映画監督のジョージ本田(川島潤哉)の妻・ミカ(ファーストサマーウイカ)、人気監督・村川茂(森準人)など新キャラがたくさん登場して物語はにぎやかに。千代と助監督・小暮(若葉竜也)との関係もちょっといい感じで、サブタイトルが「好きになれてよかった」だけにラブストーリー的なものがはじまる予感を漂わせる。

最初の仕事で千代は、単なるエキストラにもかかわらず、勝手に役を膨らませて悪目立ちしてしまい、ジョージ本田にすぐさま役を外されてしまった。

次の日、朝8時と言われて時間通りに来ると、大部屋女優の先輩たちに大目玉をくらう。下っ端は早く来て大部屋の掃除などをする決まりになっていた。

千代の人生双六、お茶子時代の初期に戻った感じである。ドラマなので千代がドジっ子で叱られる話にするのがちょうどいいのだろうけれど、子どもの頃から苦労して働いてきた人物だったら、こういう現場の上下関係はさんざん叩き込まれているはずで、こういう展開になるということは、よっぽど千代が岡安時代、気が利かないのに多めに見られていたことになる。

とはいえ、千代はそうでもなかったはず。いやむしろ働き者だったはず。そこのところが釈然としない視聴者もいるとは思うが、もう何年も朝ドラを観て記録していると、たいていの作品がそういう貫通行動をあまり重要視していないことがわかる。そこにこだわっていると、ジョージ本田みたいな合理性を求める人に怒られて外されてしまうのが世の常なのである。

高城百合子と千代の関係も然り――

朝ドラ『おちょやん』井川遥の再登場にファーストサマーウイカ、森準人などの新キャラでにぎやかに
写真提供/NHK

千代、高城百合子に会う

千代の憧れの女優・高城百合子が新作『太陽の女・カルメン』の撮影を開始することになって撮影所にやって来た。一時は舞台の仕事がなくなって落ちぶれた感じもあったが、すっかり復活し、輝きを増している様子。でも、千代がそばに立っていても、百合子は気づかない。

小暮が千代の話を持ち出すと、どこかで会ったことがあるような……と考えを巡らせた結果、ペットとして飼っていた九官鳥のレイチェルに似ていると言いだす。たしかに、千代の『人形の家』のマネは九官鳥のようではあった。そこだけ印象的に記憶しているのかもしれない。もともと百合子は浮世離れした天然キャラだったように思うが、そこまで薄情だったかしら。わざと忘れたふりをしているのかしら。謎を残す百合子。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年1月18日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。