review

『おちょやん』恋愛ものの王道『花より男子』パターンの兆しに胸が高鳴った朝

       

『おちょやん』第7週「好きになれてよかった」

第33回〈1月20日 (水) 放送 作:八津弘幸、演出:大嶋慧介〉

『おちょやん』恋愛ものの王道『花より男子』パターンの兆しに胸が高鳴った朝
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

千代、一平と再会する

「ほな今日も行きまっせ ワンのツーのほいさっさ〜!」

【前話レビュー】井川遥の再登場にファーストサマーウイカ、森準人などの新キャラでにぎやかに

32回の樋口監督(上杉祥三)のセリフをいただいた黒衣(桂吉弥)の掛け声で軽快にはじまる千代(杉咲花)の恋のターン。

「恋人になってくれはらへんやろか」

千代は、恋する者の演技を体験から学ぼうと、助監督の小暮(若葉竜也)に恋人役を頼む。が、間違えて「恋人になって」と言ってしまった。

その誤解はすぐに解け、“仮の恋人”として、活動写真を一緒に観ようと誘われた千代。

真理(吉川愛)を筆頭にカフェー・キネマのみんなは、千代の恋人大作戦に協力的。いろいろ着物や服を貸してくれる。階段を使っての千代のファッションショーは眼福だった。

選りすぐりのワンピースを着てモダンな髪型にしつらえた千代は緊張しながら撮影所へ――。きれいにウエーブされた髪型を確認しながら小暮を待っていると、一平(成田凌)がひょこっと現れる。

からかう一平の一枚上手感と、初心(うぶ)過ぎて真面目に受け答えする千代。クールにからかう一平と、わあわあ騒ぐ千代。息が合っている。

千代の小暮に対する態度と、一平に対する態度はまるで違う。子どもに返ったようだし、素直。その理由を千代はまだわからない。

『おちょやん』恋愛ものの王道『花より男子』パターンの兆しに胸が高鳴った朝
写真提供/NHK

一平も、クールに見せてそのからかいの裏側に、おそらく、千代が無事だった安堵、女優になってきれいに着飾って、恋人(役)になってと二枚目の助監督にお願いしていることへの軽い嫉妬みたいなものが渦巻いているに違いない。八重歯を見せる成田凌のキラースマイルはいろいろなことを想像させる装置である。

でも、小暮が好きになってしまう千代

一平とわいわい騒いでいると小暮がやって来る。それを知ってわざと一平は千代に小暮への気持ちを語らせる。ソフトなS行為。一平には「ひとつ屋根の下に暮らしていた」とマウント。小暮は淡々としているが、楽しい三角関係。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「『おちょやん』恋愛ものの王道『花より男子』パターンの兆しに胸が高鳴った朝」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    陳腐で古臭いラブコメ展開に唖然とするばかり。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年1月20日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。