『おちょやん』第7週「好きになれてよかった」

第35回〈1月22日 (金) 放送 作:八津弘幸、演出:大嶋慧介〉

『おちょやん』超問題人物・父テルヲがやって来た! 千代、逃げてーー
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

千代、捨てられる妻役を演じる

34話では新人大部屋女優だった千代(杉咲花)が35話の終わりには3年が経過して中堅女優になっていた。展開が早い!

【前話レビュー】千代(杉咲花)は忍耐キャラか自由気ままキャラか 朝ドラ主人公パターンのどっちなのか

でも驚くことはない。これは朝ドラ名物のひとつである。なにか問題が起こっても翌日解決は当たり前。15分の間に解決してしまうこともある。毎日15分のドラマを続けて観ている人もいれば、たまに観る人にもいるわけで、たまに観る人にも親切設計である。

『おちょやん』の初恋はあっという間にはじまってあっという間に終わった。そして、恋の終わりに得たものは、仕事。主演映画『太陽の女カルメン』の撮影を蹴って駆け落ち失踪した女優・高城百合子(井川遥)の置き土産として、千代に役がついた。

その役は、その役は、ほかの女性に心を奪われた夫に捨てられそうになっている妻の役。初恋を経験したばかりの千代にいきなり悩める人妻という大人の役だ。こちらも一足飛び。

当然ながら、なかなかうまくできない。ジョージ本田監督(川島潤哉)に「本気で人を好きになったことがあるのか」と聞かれ、「あります」と毅然と言った視線の先には、その相手で助監督の小暮(若葉竜也)が……。

なりゆきで好きになっただけだったが、その小暮が好きだったのは高城百合子。叶うわけもない。が、カフェー・キネマの洋子(阿部純子)は、もはや百合子はいないのだから、まだチャンスはあると焚きつける。もしや、恋も仕事も一気に手に入るかも?

千代に頼る男たち仕事も恋もとガツガツしがちな朝ドラヒロイン。だが千代はそうでもなかった。百合子が好きな彼の心に、彼女がいないことにつけいってぐいぐい入っていくようなことはしない。そこは上品。いい演技をしようと頑張って、疲れてうたた寝していると、一平(成田凌)が熊の面をかぶって現れる。33話で千代が「小暮」と言いかけて「こぐま」と誤魔化していたことに合わせたのだとしたら一平、かわいいやつ。

一平は一平で、脚本がうまく書けず、鶴亀株式会社の社長・大山(中村雁治郎)から、父の作風を越えようとしてもがいていると見透かされていた。

社長は、「血のつながりは消せないもの。『見とうない汚らわしさも優れた才能も』受け継いでいるから、それをまず知ることだ」と助言する。この「見とうない汚らわしさ」とは、酒浸りで女遊びが激しかったところであろう。子どもの頃の一平はそんな父親が嫌いだった。そして、目下、千代が演じている役はまさに夫の女性問題に傷つく妻である。

『おちょやん』超問題人物・父テルヲがやって来た! 千代、逃げてーー
写真提供/NHK

この記事の画像

「『おちょやん』超問題人物・父テルヲがやって来た! 千代、逃げてーー」の画像1 「『おちょやん』超問題人物・父テルヲがやって来た! 千代、逃げてーー」の画像2 「『おちょやん』超問題人物・父テルヲがやって来た! 千代、逃げてーー」の画像3