review

『おちょやん』“人たらし”のテルヲ(トータス松本)撮影所に潜り込み、千代(杉咲花)のもとへ――

『おちょやん』第8週「あんたにうちの何がわかんねん!」

第36回〈1月25日 (月) 放送 作:八津弘幸、演出:盆子原誠〉

『おちょやん』“人たらし”のテルヲ(トータス松本)撮影所に潜り込み、千代(杉咲花)のもとへ――
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

テルヲが来たー

はじまりは、黒衣(桂吉弥)による活弁ふうの先週までのあらすじ。

【前話レビュー】超問題人物・父テルヲがやって来た! 千代、逃げてーー

素敵な音楽とともにモノクロ映画のように先週のダイジェスト映像が流れ、黒衣のなめらかで軽快な語りが風情あり、高齢視聴者はなつかしい気持ちに、若者は新鮮な気持ちになったことだろう。撮影所編ならではの趣向が楽しめた。

こうして見ると、改めて、千代(杉咲花)は不遇な目に遭うが、それが延々続くことはなく、すぐに解決し、わだかまりを残すことなく次のターンへと進むよう、よく考えて作られていることがわかる。

昭和3年。千代が鶴亀撮影所に入って3年が経過した。ということは、入社したときは大正から昭和に改元された激動のときだったってことである。そしていまは金融恐慌のせいで不況。3年経過しても千代は大部屋女優のまま。大部屋の中堅女優として「ボチボチ」「ボチボチ」と黒衣に言われ、カメラ目線でどやしつける。

でもボチボチならましで、不景気によってクビになった女優たちもたくさんいた。明日は我が身……と千代も不安になる。

監督になった暁には千代を主役にしてくれると言っていた小暮(若葉竜也)もなかなか芽が出ず、主役の道は見えない。小暮が書いていた脚本は、生き別れになった姉と弟の話。まるで千代とヨシヲのようだった。『なつぞら』のようでもあるが。

そこへ、守衛(渋谷天外)が千代を呼びに来る。ヨシヲと名乗る者が訪ねて来たと聞いて、千代は一目散にその元へ向かうと――。

期待に違わない、忌まわしきテルヲ(トータス松本)7週の最後に出てきていたから視聴者は知っていた。知らぬは千代ばかりなりなのであった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年1月25日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。