review

『おちょやん』娘・千代(杉咲花)の着物を売ろうとするテルヲ(トータス松本) やっぱりクズだった

       

『おちょやん』第8週「あんたにうちの何がわかんねん!」

第38回〈1月27日 (水) 放送 作:八津弘幸、演出:盆子原誠〉

『おちょやん』娘・千代(杉咲花)の着物を売ろうとするテルヲ(トータス松本) やっぱりクズだった
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

「働いテルヲ」

今朝もまた、主題歌の<笑顔を諦めたくないよ♪>の歌詞が胸に染みた。

【前話レビュー】「千代はわいとは似ても似つかぬええ娘」寂しさも感じさせたテルヲの言葉

期待した新作映画の試験(オーディション)はけっきょく、お金を積んだ滝野川恵(籠谷さくら)に決まった。がっかりしたのは千代(杉咲花)よりもテルヲ(トータス松本)で、片金所長(六角精児)に食ってかかりに行く。

所長は伊達に、毎日、えい、えいと空手の型みたいなものをやっていたわけではなかった。えい! と一撃でテルヲを倒す。テルヲが弱いだけかもしれないが。

その晩、カフェー・キネマに、池田(F.ジャパン)ほか鶴亀撮影所のスタッフたちがこぞってやってくる。テルヲがくすねて所長に渡した割引券を持ってきたのだ。そこには小暮(若葉竜也)の姿もあった。

カフェーで働く姿を小暮に見られてもいいものなのだろうか。もう千代は彼への恋心を諦めているから関係ないか。よくわからないけれど、みんな楽しそう。羽目を外してわいわい大騒ぎ。

映画が好きな店主の宮元(西村和彦)は、映画好きな映画スタッフを見てニコニコしている。割引だからあまり儲からないけれど、宮元はそんなに儲けに執着していないように見える。そこがカフェー・キネマのいいところ。とてものんびりしていて、ここで働いている女性は救われているんじゃないだろうか。

小暮の席につく千代。少し間をおいて、小暮がおずおずとソファの位置をずらし、隣に千代が座れるようにして、千代も思いきって隣に……とそこへテルヲが割り込んでくる。酔った無意識か、父の気持ちか。せっかくのいいムードを壊す。でも、お店の客とホステスとしてじゃ、ムードも何もない気もしないではない。

テルヲはここで「働いテルヲ」という思いきったダジャレを言う。酔った小暮もそれに乗っかってゲラゲラ笑い、千代は唖然。小暮の「働いテルヲ」に目を剥く千代の表情が抜群に可笑しい。

でも、楽しいのはここまで。後半は暗雲が……。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「『おちょやん』娘・千代(杉咲花)の着物を売ろうとするテルヲ(トータス松本) やっぱりクズだった」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    題名と本文がほとんど関係ないんだけど、この感想文は一体何。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年1月27日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。