review

『おちょやん』<貸した金返せよ>と歌っておきながら役柄では金を返さないトータス松本

『おちょやん』第8週「あんたにうちの何がわかんねん!」

第39回〈1月28日 (木) 放送 作:八津弘幸、演出:盆子原誠〉

『おちょやん』<貸した金返せよ>と歌っておきながら役柄では金を返さないトータス松本
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

金の切れ目が縁の切れ目

<せっかく稼いだ金持ってトンヅラ>
これは、トータス松本がヴォーカルを務めるバンド、ウルフルズのヒット曲「借金大王」(94年)の歌詞である。

【前話レビュー】「千代はわいとは似ても似つかぬええ娘」寂しさも感じさせたテルヲの言葉

借金まみれのテルヲを演じているのがトータス松本であることで、「借金大王」を思い出す視聴者は多い。歌では、借金する友人に<貸した金返せよ>と歌っていたが、役では金を返さないほうを演じる皮肉。そして、39回ではまさに前述の歌詞の通りになりかかる。

千代(杉咲花)が留守の間に父・テルヲ(トータス松本)が彼女の部屋をあさり、通帳を持って出ていこうとした。そこへちょうど戻ってきた千代は激怒する。3年前、岡安の御寮人さんに肩代わりしてもらったのにまた借金をつくっていたとは。

テルヲは全然悪びれず、千代が俳優としてもっと売れていたら、こんなはした金で文句は言わなかっただろうなどと暴言をはき、カフェー・キネマの店主・宮元(西村和彦)にまでお金を借りようとする。

呆れた千代は、貯金通帳も、お財布に入っていた小銭も渡し、「金の切れ目が縁の切れ目や」と啖呵を切る。

「金の切れ目が縁の切れ目」はトータス松本がライブで「借金大王」の曲に入るまえ、客席とのコールアンドレスポンスで言っていた言葉であるとSNSは盛り上がった。

この愁嘆場をなんとか収めようと宮元はメガホンを持って映画撮影ふうに茶化すが、「これが現実や」と開き直るテルヲ。感情が行き過ぎて止まれなくなっているところを、せっかく冗談で流そうとしたのに、テルヲは止まらない。宮元は「ここまでにしといて」と、「カット」と声をかける。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「『おちょやん』<貸した金返せよ>と歌っておきながら役柄では金を返さないトータス松本」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    いくら民放のドラマで高視聴率をたたき出した名うての脚本家でも朝ドラとなるとイマイチな出来になってしまうのはあるあるですね、、、^^;

    0
この記事にコメントする

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年1月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。