【ニュース】林翔太主演『キオスク』東京公演開幕 ナチスドイツが台頭するウィーン、怒涛と困難の時代描く

林翔太主演『キオスク』東京公演開幕

2月11日(木・祝)から東京芸術劇場 プレイハウスにて、舞台『キオスク』東京公演が開幕する。本公演は1月22日から24日まで兵庫公演を行なったもので、東京公演の後には静岡・愛知・広島を巡演する。

オーストリアの人気作家ローベルト・ゼーターラーによるベストセラー小説『キオスク』。日本では2019年12月から2020年1月にかけ、石丸さち子上演台本・演出によるリーディングシアターとして日本初演、大好評を博した。

【ニュース】林翔太主演『キオスク』東京公演開幕 ナチスドイツが台頭するウィーン、怒涛と困難の時代描く

そしてこの度、小説著者自身による戯曲版の日本初演の幕が上がった。演出は、リーディング版に引き続き石丸さち子が手がけ、より視覚的に、演劇的な身体を駆使したストレートプレイを創り上げている。

舞台となるのは、1937年、ナチスドイツが台頭しヒトラーによるホロコーストが始まった、時代のうねりにのみ込まれていくオーストリア・ウィーン。田舎で育ち、突然ウィーンのキオスク(タバコ店)で働くことになった17歳の青年フランツが、さまざまな大人たちと出会い貪欲なまでに知識を吸収し、初恋に心を燃やしながら成長する姿を描くと同時に厳しい世情と向き合う物語。

【ニュース】林翔太主演『キオスク』東京公演開幕 ナチスドイツが台頭するウィーン、怒涛と困難の時代描く

【ニュース】林翔太主演『キオスク』東京公演開幕 ナチスドイツが台頭するウィーン、怒涛と困難の時代描く

主演は、昨年ジャニーズJr.を卒業、ミュージカルやコメディなど幅広い作品で演技派俳優として邁進し注目を集める林翔太。林演じるフランツが出会う大人たちを、橋本さとし、大空ゆうひ、上西星来、吉田メタル、堀 文明、一路真輝、山路和弘と実力派キャストが演じ、怒涛と困難の時代に、多感な時期を過ごすフランツのあくまでも純粋で一途な青春を、みずみずしく切なく描き出す。

キャスト・スタッフ コメント

■林 翔太
コロナで世の中が大変な中、演劇に携われていることがとても幸せです。
そして、『キオスク』はこういう時代だからこそやるべき作品だと思っています。
残念ながら中止になってしまった公演もありますが、劇場に来てくださる皆さんのために全力で演じさせていただきます!
さち子さんは熱い人で圧倒されましたが、それ以上に熱く稽古に取り組まないとフランツはできないと思い、とにかく自分を奮い立たせていました。
兵庫公演で、改めてお客様の前でお芝居をする喜びを感じました。
観に来られなくなってしまった方の気持ちも背負って頑張ります!

■橋本さとし
まずは、この状況下で『キオスク』兵庫公演に足をお運びいただき観劇していただいたことに感謝申し上げます。
お客様もスタッフもキャストも一丸となり演劇を守り楽しむという空気が劇場を満たし、作品がいっそう成長しました。
兵庫公演でいただいたカーテンコールでの鳴りやまない拍手に本当に感動しました。
そこで得た感動と喜びと感謝を胸に東京公演や他の各地公演もお届けしたいと思います。
石丸さち子さんの熱くて緻密な超劇的な演出に役者が食らいつき創り上げた、真の人間のあり方を問う『キオスク』を“今”観ていただきたい。

■大空ゆうひ
日々、形を変えてゆったりと動き続ける生き物のようで繊細な作品。
兵庫で無事に初日を開けてお客様の反応をいただきホッとしましたが、また東京の空気の中で新たに初日を開けるつもりで新鮮に臨みたいです。
石丸さんの常に挑み続ける演出の中で息づいて、お客様をお迎えできることを楽しみにしています。
どうぞ劇場に足をお運びいただけますように。感染対策も万全にして、お待ちしています。

■一路真輝
一昨年の朗読劇から参加させていただいていたので、お客様と同様に想像の世界でしかなかった『キオスク』の世界が具現化されたおしゃれな舞台に心が踊っています。
幕開きはこれから始まるお芝居を気負うことなくお楽しみください!という歌から始まります。
石丸さんの作られる世界感が新鮮で刺激的です。
兵庫公演の二日目ではいきなりそのシーンでお客様が手拍子をしてくださいました。
コロナ禍の舞台は、お客様、関係各所の皆さま、そして出演者は感染対策にピリピリムードです。
でもその温かい手拍子で勇気をいただきました。
東京公演も無事に走り抜けられますよう、心して頑張ります。

■山路和弘
稽古場にくる。全身消毒。手を消毒。マスクを替える。検温。会話控えめ。静寂。
稽古始まる。顔半分、白い面々。そして相手の目の奥の光だけを頼りに……演る。
相手の顔も判らず、くぐもった声しか知らず、独り相撲? 何処へ向かってる? これでいいのか? どうすればいい? 
初日10日ほど前、ストレス頂点に至る。気が狂いそうだ。
PCR検査陰性確認後、舞台稽古。初めてマスク取る。
…なんだ……君達…そんな可愛い顔しとったんか…
…うん。もう大丈夫。君達からエネルギーもらえば『キオスク』はできる。
コロナめ……。お前には負けない!

■演出:石丸さち子
フランツの勤めるキオスクは、新聞から葉巻、エロ本まで扱う、「精神と快楽の殿堂」。
彼は様々な論調の新聞から、愛し尊敬する大人たちから、はじめての恋から、自分を見つけ、成長していきます。
流れに乗るのではなく自分で感じ考えて。
彼の成長の清々しい真っ直ぐさは、この時代には通用しなかったかもしれません。
でも、その時そこに彼が生きたというだけで、この世界はまだ絶望には至らないと信じられます。
厳しい時代を生きた精神を丁寧に描きつつ、演劇という快楽をたっぷり受け取っていただけるエンタテインメントに仕上げました。
ライブの喜びを、全員でお届けいたします。

ストーリー

1937年、ナチスドイツが台頭するウィーンに、自然に恵まれた湖畔で母親と二人暮らしだった17歳のフランツがやって来る。母の経済的後ろ盾の男性が落雷事故で急死し、働きに出されたのだった。

フランツはキオスク(タバコ店)の住み込み見習店員となり、母の知人である店主からさまざまな事を学ぶ。また、店の常連客である精神分析学者フロイト教授との出会いは、無垢なフランツの心にさまざまな影響をもたらし、教授は彼に人生を楽しみ恋をするよう忠告を与える。

ボヘミア出身で謎めいた年上の女性アネシュカに心を奪われるフランツ。人生に関する名言が印象的な最晩年のジークムント・フロイト。ウィーンでフランツの自立の扉を開くタバコ店の店主 オットー・トゥルスニエク。

時代の激動にのみ込まれていくオーストリア・ウィーンで青春の炎を燃え上がらせながら、厳しい世情の中フランツは思いもかけなかった経験を重ねていく……。

公演概要

『キオスク』
作:ローベルト・ゼーターラー
翻訳:酒寄進一
演出:石丸さち子

出演:林 翔太
橋本さとし

大空ゆうひ
上西星来(東京パフォーマンスドール)
吉田メタル
堀 文明

一路真輝
山路和弘

【兵庫公演】
2021年1月22日(金)~1月24日(日)兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
※全公演終了

【東京公演】
2021年2月11日(木・祝)~2月21日(日)東京芸術劇場 プレイハウス

【静岡公演】
2021年2月23日(火・祝)静岡市清水文化会館 マリナート 大ホール

【愛知公演】
2021年2月25日(木)日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール

【広島公演】
2021年2月27日(土)JMSアステールプラザ 大ホール

オフィシャルサイト:https://www.kiosk-stage.com/

この記事の画像

「【ニュース】林翔太主演『キオスク』東京公演開幕 ナチスドイツが台頭するウィーン、怒涛と困難の時代描く」の画像1 「【ニュース】林翔太主演『キオスク』東京公演開幕 ナチスドイツが台頭するウィーン、怒涛と困難の時代描く」の画像2 「【ニュース】林翔太主演『キオスク』東京公演開幕 ナチスドイツが台頭するウィーン、怒涛と困難の時代描く」の画像3 「【ニュース】林翔太主演『キオスク』東京公演開幕 ナチスドイツが台頭するウィーン、怒涛と困難の時代描く」の画像4