review

『ボス恋』潤之介と中沢に告白され、編集長に礼も言われ、でも抱き合う理緒と潤之介も見ちゃって起伏激しい

       
『ボス恋』潤之介と中沢に告白され、編集長に礼も言われ、でも抱き合う理緒と潤之介も見ちゃって起伏激しい
イラスト/ゆいざえもん

※本文にはネタバレがあります

高く高く持ち上げてドーン! 『ボス恋』6話

ドラマあるあるとはいえ、主人公の奈未(上白石萌音)の仕事に対する姿勢があまりにもゆるく、恋愛にうつつを抜かし過ぎている印象がどうにも拭えない『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(以下ボス恋)(TBS系 毎週火曜よる10時〜)。これでは恋は別冊でなく本誌であろう。

【前回レビュー】『ボス恋』は逆『半沢直樹』である 柔らかさの中に潜む上白石萌音・玉森裕太の表現者としての修羅

第6話では、潤之介(玉森裕太)の元カノで、かつ才能にあふれたバイオリニストの理緒(倉科カナ)が現れて、混戦模様に突入。

とあるパーティーに麗子(菜々緒)とやって来た奈未(だいぶおしゃれになってきた)は、潤之介のお父さん・宝来勝之介(宇梶剛士)に会って、勝手に舞い上がる。だが、潤之介からはまだ付き合おうと言われていないと悶々としていたら、潤之介が家に押しかけてきて、居座る。

こたつに入り、姿勢よくテレビを観ている潤之介はシュールであったが、何もしないでダラダラするのではなく、料理をしようとしてくれたりもする。

そんな潤之介が夜、黒ワンコの“黒ジュン”になって奈未に襲いかかるという妄想にひとときふける奈未。

いやもう、すごいドラマである。その昔、男性の好みの女性として、昼は淑女、夜は……みたいなことが言われていた。この時代にそんなことを発言したら、ジェンダー問題にひっかかると思うのだが、『ボス恋』はその逆を堂々とやっている。これはこれまで散々虐げられてきた女性の復讐と言っていいのだろうか。

その復讐に身を捧げる玉森裕太。なんて勇気があって、懐の広い人物なのだろうか。さながら食べ物がないなら僕を食べてくださいと炎の中に飛び込んだ兎のようだと、その物語を想像して泣きたくなった。

潤之介だけでなく、麗子の恋の相手・宇賀神(ユースケ・サンタマリア)まで、会社の進退のために、ライバル会社の編集長・高橋麻美(高橋メアリージュン)に迫られて困惑する場面が……。それまで女性が仕事をチラつかされて男性に迫られて苦しんできたことを男性が体験するという逆セクハラにつぐ逆セクハラのオンパレード。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

オー!マイ・ボス!恋は別冊で

オー!マイ・ボス!恋は別冊で

ファッション雑誌編集部を舞台に繰り広げられる胸キュンお仕事&ラブコメディ。上白石萌音が超ドSな鬼編集長の雑用係(?)、子犬系御曹司のカメラマンを玉森裕太が演じる。TBS系にて、2021年1月12日〜放送中。

2021年2月17日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。