review

『ボス恋』2話 瞳の演技が真に迫る花江夏樹、癒される存在感発揮の玉森裕太

       
『ボス恋』2話 瞳の演技が真に迫る花江夏樹、癒される存在感発揮の玉森裕太
イラスト/ゆいざえもん

※本文にはネタバレがあります

花江夏樹登場『ボス恋』2話

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(以下ボス恋)(TBS系 毎週火曜よる10時〜)はファッション雑誌の編集部が舞台なのでファッショナブルだ。ただし主人公・奈未(上白石萌音)をのぞいて。

【前回レビュー】社会に出た奈未はやがて麗子のような「悪魔の微笑み」をたたえるキッツイ女になるのか

第2話で面白かったのは、人並みであればいいと思ってさほど向上心のない奈未が、意識の高そうな雑誌の編集部に、雑用係とはいえ採用された理由。1話で出会ったカメラマンの潤之介(玉森裕太)に選んでもらった高価なセットアップが、副編集長の半田(なだぎ武)の目に止まったのかと思ったら、目に止まったといっても、ネガティブな視点であったことがわかる。高価な服のわりに靴がださく、ファッションに興味がない人物のほうが、へんな自意識がないだろうと半田が考えたのだった。

それを知った奈未はちょっとショックを受ける。ドラマにおいて、じつは……じつは……と、あとでわかるという手法はよくあるが、この狙いが私たち視聴者に最初から丸わかりだと歯ごたえがないし、そうかといって私たち視聴者をからかうような真相だとばかにされたような気分になるしで、その塩梅が難しいものだが、脚本家の田辺茂範は、さりげなく意外かつ、納得できて、かつ、ストーリーにも関わってくる内容にしていて、信じられる作家であることを感じさせた。

奈未が、2カ月後に創刊を控える「MIYAVI」に配属になったのも、突然、人気漫画家・荒染右京(『鬼滅の刃』の炭治郎の声を演じている花江夏樹)に原稿を依頼する担当に抜擢されたのも、潤之介の恋人のふりをしてほしいと頼まれたのも、すべて、ネガティブな理由からであったことが彼女を悩ませる。

人並みでいいと控えめに生きてきたけれど、それは裏を返せば、向上心がないということで、編集長であり、潤之介の姉である宝来麗子(菜々緒)に「努力することから逃げてるだけ」「まず人並みの責任をとったら?」と辛辣なことを突きつけられてしまう。

その結果、荒染右京の趣味であるけん玉の練習をして、右京の心を動かしイラストの描き下ろしをOKしてもらい、さらに、なかなかとれないカルティエの表4広告ゲットにまでつながって、奈未の大手柄に。奈未というよりは麗子の手腕。第1話は5000万円の利益のために土下座して、2話では6000万円のために、奈未をうまく使った。そんな凄腕クールビューティー麗子が副社長・宇賀神(ユースケ・サンタマリア)の前ではすこしキョドっているところが可愛い。

それにしても、創刊2カ月前に、売れっ子漫画家に描き下ろしイラストを描いてもらえるなんて、キリストが復活するような奇跡のようだが、スケジュールは意外と出てくるものだから粘るべし、ということは、TBSのカリスマプロデューサー八木康夫さんも言っている(参照:ヤフー・ニュース個人)。八木さんが言うのは俳優のスケジュールだが、きっと漫画家も同じだと思う。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

オー!マイ・ボス!恋は別冊で

オー!マイ・ボス!恋は別冊で

ファッション雑誌編集部を舞台に繰り広げられる胸キュンお仕事&ラブコメディ。上白石萌音が超ドSな鬼編集長の雑用係(?)、子犬系御曹司のカメラマンを玉森裕太が演じる。TBS系にて、2021年1月12日〜放送中。

2021年1月21日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。