review

『ボス恋』奈未と潤之介の素敵な画にキスマイの主題歌のみ クレジットを流さない好演出のエンディング

       
『ボス恋』奈未と潤之介の素敵な画にキスマイの主題歌のみ  クレジットを流さない好演出のエンディング
イラスト/ゆいざえもん

※本文にはネタバレがあります

その意図は? 冒頭にクレジットを流した『ボス恋』3話

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(以下ボス恋)(TBS系 毎週火曜よる10時〜)第3話は冒頭にスタッフ、キャストが入っていて、あれ、時間間違えた? もう終わり? と焦ってしまった。

【前回レビュー】瞳の演技が真に迫る花江夏樹、癒される存在感発揮の玉森裕太

でも、クレジットがラストに入らない理由は終わりまで観るとわかった。先に書いてしまうと、3話終わりには、奈未(上白石萌音)潤之介(玉森裕太)のとても素敵な画があって、ここにクレジットを流さないのは正解だと感じた。演出は、『花より男子』や『逃げ恥』などを手掛けている石井康晴

潤之介がずぶ濡れの仔犬になった妄想に奈未がふける場面もあって、サービス満載。犬の格好がなかなか似合う玉森裕太。そこまでサービスしなくとも……とも思うけれど、エンターテイナーなんだなと思う。

この妄想がよくできていて、仔犬は決して捨てられていたのではない、良いとこの仔犬(名前がショパン)がたまたま迷子になっていて拾ったものの、探しに来た飼い主に連れていかれてしまう。奈未は御曹司犬と自分との格差に気づくという寸法。女子受けテッパンの“捨てられた仔犬”を迷子の御曹司犬に変えた新しいパターン。脚本は田辺茂範

鬼編集長 VS 編集部員

創刊を間近に控えて「MIYAVI」の編集作業は佳境。一週間後に校了を控えたところで、注目の柔道家・瀬尾光希(高山侑子)のインタビューを差し替えると、鬼の編集長・宝来麗子(菜々緒)が言いだす。

企画を担当した中沢(間宮祥太朗)は、第2話の人気漫画家・荒染右京(花江夏樹)の企画担当を奈未に替えられたうえ、渾身の企画を差し替えられることになって散々。辞めたくなる気持ちは痛いほどわかる。ほかの編集部員も、なにかと麗子の無理難題に不満が溜まっていて、ボイコットする。残った奈未たちはバッタバタ。

でもなぜ、今になって瀬尾光希インタビューを差し替えることにしたのか。奈未はこれまでの麗子の一見横暴に見える行為が、雑誌の収益のためであったことから、今回もまた何かあるのではないかと考える。人並みでいいと思ってきた奈未が、名探偵のような洞察力を発揮しはじめる。

麗子の「いつの間にか省いた情報はないか」という言葉から、奈未はインタビューを読み込み、中沢の編集メモも読み込み、瀬尾光希は痛めた肩が治らず、柔道にはまだ復帰できそうにない状態で、そのようなタイミングでインタビューを出すべきではないことに気づく。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

オー!マイ・ボス!恋は別冊で

オー!マイ・ボス!恋は別冊で

ファッション雑誌編集部を舞台に繰り広げられる胸キュンお仕事&ラブコメディ。上白石萌音が超ドSな鬼編集長の雑用係(?)、子犬系御曹司のカメラマンを玉森裕太が演じる。TBS系にて、2021年1月12日〜放送中。

2021年1月27日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。