review

岡田健史 硬派な思考を堂々と伝える、令和の大物俳優の高いコメント力

岡田健史 硬派な思考を堂々と伝える、令和の大物俳優の高いコメント力
イラスト/おうか

令和の大物俳優・岡田健史のコメント力

話題になった俳優は名演技をすればいいだけではなく、見出しになるコメント力も求められる。なかには演技はピカイチながらインタビューで気の利いた話が出ない人もいるが、それはそれで個性なのでいい。ただSNS時代、見出しになるコメントが言えることはひとつの武器になる。

【関連レビュー】『ウチカレ』最終回 碧とゴンちゃん、空と光――最高にピュアな「なくしたくない関係」

2018年、教師と恋愛する中学生というセンセーショナルなドラマ『中学聖日記』で颯爽にデビューし、瞬く間に人気者となった岡田健史はそのデビュー神話だけでも十分保つ俳優である。さらにそこへ今年2021年の第44回日本アカデミー賞で『望み』『ドクター・デスの遺産―BLACK FILE―』『弥生、三月 -君を愛した30年-』の3作によって新人俳優賞を受賞した際の受賞スピーチが注目されてネットを踊った。

「かの有名な落合博満氏はこう言いました。ダイヤモンドを回っている瞬間には、ダイヤモンドを回っているのは過去のことだ。だからガッツポーズはしないのだと。大変光栄なことではありますが、目の前の刹那と向き合える役者でありたいです。最後になりますが、僕と一緒に戦ってくださったみなさま、本当におめでとうございます」

先日、NHKの情報番組『あさイチ』に出演したときもこのスピーチが取り上げられていた。話題にしたくなる力の漲(みなぎ)った言葉だったから当然だろう。

映画賞の授賞式で野球選手を例に出す意外性。その硬派な考えを堂々と語る姿は眩しい。近頃は等身大の、日々の生活に溶け込む線の細い俳優が多いなかで、これほど骨太で高らかにスピーチできる俳優は貴重である。

筆者が『望み』(20年)のパンフレット用の取材をしたとき、彼の役はほぼネタバレだったため、パブリシティ用の取材では語れないことばかりだった。パンフレットだけが唯一ネタバレOKの場で、彼は「ほかの雑誌(媒体)でしゃべれなかったことをしゃべりましょう」と開口一番そう言って、ニコリと笑った。繰り返すが、眩しい。

<a href="https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07KZ343JN/ex-news-22/" rel="nofollow" target="_blank">中学聖日記/TCエンタテイメント</a>
TCエンタテインメント
¥22900
商品をチェックする!

燃える油でなく燃える水のようであれ

岡田健史には久々に登場した大物という印象がある。1999年福岡県生まれ。学生時代は野球をやっていたが、演劇部に誘われて出演した公演で芝居に目覚める。芸能デビュー作が代表作になり、いま、ドラマに映画にひっぱりだこだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「中学聖日記」に関する記事

「中学聖日記」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「中学聖日記」の記事

次に読みたい「中学聖日記」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月20日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 中学聖日記 岡田健史
  2. 中学聖日記 最終回
  3. 中学聖日記 漫画

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。