review

『ドラゴン桜』第4話 高橋海人はやっぱり善人がいい 桜木に助けられ、大きな瞳から涙する姿にもらい泣き

『ドラゴン桜』第4話 高橋海人はやっぱり善人がいい 桜木に助けられ、大きな瞳から涙する姿にもらい泣き
イラスト/ゆいざえもん

※本文にはネタバレがあります

シンプルで清々しい『ドラゴン桜』第4話

日曜劇場『ドラゴン桜』(TBS / 日曜よる9時〜)第4話は、東大専科<岩崎楓(平手友梨奈)、瀬戸輝(高橋海人)、早瀬菜緒(南沙良)、天野晃一郎(加藤清史郎)>の活動が加速していく。ところが、瀬戸が休むようになった。前回のテストも受けていない。その理由は――彼の父母が亡くなったあと、姉とふたり引き継いでいたラーメン屋が、闇金の嫌がらせを受けてピンチに陥っていたのだった。

【前話レビュー】『ドラゴン桜』出た、桜木節! 要領がいいだけで社会の中枢にいる者達へ痛烈なカウンター

『ドラゴン桜』第4話 高橋海人はやっぱり善人がいい 桜木に助けられ、大きな瞳から涙する姿にもらい泣き
(C)TBS

瀬戸姉弟は親の残した借金を抱えて苦しんでいた。とはいえ、もとは100万円。それが法外な利子で膨らんで返済ができなくなってしまった。楓たちも心配するが、瀬戸は誰にも頼りたくないとひとりで抱え込む。

闇金の嫌がらせが驚くほどベタ。ひどいことを書いた貼り紙をたくさん貼ったり、ラーメンのなかに異物が入っていると因縁をつけたり。でもこういうベタな嫌がらせが効果的なのだろう。すっかり途方にくれる瀬戸を救うのが、我らが桜木(阿部寛)。弁護士だから、この手の法律案件は得意中の得意である。

『ドラゴン桜』第4話 高橋海人はやっぱり善人がいい 桜木に助けられ、大きな瞳から涙する姿にもらい泣き
(C)TBS

『ドラゴン桜』第4話 高橋海人はやっぱり善人がいい 桜木に助けられ、大きな瞳から涙する姿にもらい泣き
(C)TBS

第4話は東大合格のノウハウのみならず、闇金でお金を借りちゃダメだし、払い過ぎたら返してもらえるという教えにもなっていた。見て安心した人もいるのではないだろうか。ただ、まずは闇金に借りちゃダメ。

「相手の職場で嫌がらせするのはやつら(闇金)の常套手段なんだ」と言う桜木。その後、高校に竹刀を持った人物が現れて、嫌がらせに来た――? と心配になったら、菜緒や天野の保護者が乗り込んできたり、2005年度版に出ていた数学教師・柳鉄之助(品川徹)だったというサプライズだった。

『ドラゴン桜』第4話 高橋海人はやっぱり善人がいい 桜木に助けられ、大きな瞳から涙する姿にもらい泣き
(C)TBS

保護者たちは子どもたちが東大受験を目指していることを知らなかったが、「バカ」と書いたはちまきをして勉強している写真を藤井(鈴鹿央士)が拡散したものを見て、驚いて確認にやってきたのだ。桜木は饒舌に保護者を説得してすんなり解決。

桜木は、親が子どもを否定することを問題視し、さらに、東大に受かるための家庭の10か条として、家族そろって日常生活を大事にすることを説く。

『ドラゴン桜』第4話 高橋海人はやっぱり善人がいい 桜木に助けられ、大きな瞳から涙する姿にもらい泣き
(C)TBS

ParaviParaviで『ドラゴン桜』第1話〜最新話を観る<2週間無料体験>

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

ドラゴン桜

ドラゴン桜

低偏差値で落ちこぼれの生徒たちをたった半年で東大に合格させた弁護士・桜木建二が、前作より16年の時を経て、令和の時代に帰ってきた。主演は前作同様、阿部寛。教え子役だった長澤まさみが弁護士役を演じる。TBSにて、2021年4月25日〜放送中。

2021年5月17日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク