review

『大豆田とわ子と三人の元夫』ジョイマン高木も「オダギリジョー 異常」とツイートする衝撃!うん、異常


※本文にはネタバレがあります

「ひとり」のとわ子と謎の男『大豆田とわ子と三人の元夫』第7話

『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ・フジテレビ系 火曜よる9時〜)第2章のはじまり、第7話は松たか子のパンのCMかと見間違うさわやかさであった。はじまりだけは。

【前話レビュー】『大豆田とわ子と三人の元夫』「ひとりで死んじゃったよ」やりきれない、かごめとの突然の別れ

フルーツサンドを食べるとわ子(松たか子)はひとり。娘の唄(豊嶋花)は進学して家を出て祖父母の家に住むことになった。とわ子の「ひとり」は娘のいない「ひとり」のみならず、親友・かごめ(市川実日子)がいない「ひとり」だと感じる。

第1章の終わり、ふいにかごめが亡くなって1年が過ぎているとはいえ、観ている側としてはかごめショックは癒えていない。きっととわ子もそうに違いないと思う。でも、かごめについてはなかなか語られない。

とわ子はひとり生活を満喫している。こんな時、なぜか元夫たちも都合よく現れない。その代わりに謎の男X(オダギリジョー)が朝の体操に現れる。体操用の服の感じがなんか似ていることで、Xととわ子は縁がありそうなフラグが立っているように見える。

新たな恋の予感?と思う中、とわ子が社長を務める会社しろくまハウジングに危機が訪れる。しろくまハウジング創始者の息子の城久間(平埜生成)がとわ子に「クロワッサンって、食べかすをこぼせばこぼすほど、運気が逃げるらしいですよ」(シナモンロールも)と言ったとおり、とわ子はパンのかすをこぼし、そのせいなのか運気も悪くなっていく。

売却を狙っている会社には「企業買収の悪魔」がいる。そういう情報提供には頼れる弁護士・慎森(岡田将生)。でもとわ子が片腕のようにかわいがっていた松林(高橋メアリージェーン)は企業買収に加担しているらしい。とわ子に対してわだかまりを持っていた。ここではじめて1年前の出来事がまだ影を落としていることがわかる。

仕事とプライベートを一緒くたにするセクハラ社長・門谷(谷中敦)との案件は契約解除になって会社が負債を負っていた。松林はそれを許していない。「社長にはもっと頑張ってほしかったんです。ご友人(かごめ)がやり残した分も」とかごめの死もあったと大目に見ようとしながらも、なかなか折り合いがつかないようだ。とわ子からもらったバスオイルを返す松林。

松林「ぽかぽかしちゃだめかと思って」
とわ子「ぽかぽかは別だよ」

綾波レイか!と思う「ぽかぽか」。それはさておき、公私を混同する門谷と松林。仕事と恋愛、仕事とちょっとしたプレゼントをまとめて考えている。だからプライベートでうまくいかなかったら契約を打ち切ろうとしたり、仕事がうまくいかないからプレゼントも受け取れないと考えてしまう。ただし、ちょっとしたプレゼントは社員にいい仕事をしてもらうための気遣いであるから、仕事の一部ともいえるのだが。

とにかく、松林はとわ子の好意を受け入れがたく感じてしまう。とわ子の好意は門谷の契約を滞りなく行うために私的な付き合いを強要することとは違う。違うはずだが、相手の行為をどこまで許容するか境界は人によってまちまちなのだ。

この記事の画像

「『大豆田とわ子と三人の元夫』ジョイマン高木も「オダギリジョー  異常」とツイートする衝撃!うん、異常」の画像1 「『大豆田とわ子と三人の元夫』ジョイマン高木も「オダギリジョー  異常」とツイートする衝撃!うん、異常」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

大豆田とわ子と三人の元夫

大豆田とわ子と三人の元夫

松たか子演じる、3回結婚して3回離婚した大豆田とわ子が三人の元夫たちに振り回されながら日々奮闘するロマンティックコメディー。脚本家・坂元裕二による完全オリジナルドラマ。カンテレ・フジテレビ系にて、2021年4月13日〜6月15日放送。

お買いものリンク