review

『大豆田とわ子と三人の元夫』30年経っても手をつなぎ合えるとわ子とかごめの尊い関係


※本文にはネタバレがあります

とわ子とかごめの馴れ初め『大豆田とわ子と三人の元夫』第4話

三人の元夫が魅力的すぎる『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ・フジテレビ系 火曜よる9時〜)。第4話はとわ子(松たか子)の30年来の親友・綿来かごめ(市川実日子)が中心になり、意外な事実が明るみになる。“何もしなくても自動的にモテる”田中八作(松田龍平)も関わってきて……。とわ子をはさみ、“恋はしないと決めている”かごめと恋愛に巻き込まれがちな“モテて困る”八作の物語が立ち上がっていく。

【前話レビュー】松たか子の圧倒的な魔性をも凌駕する東京03角田の鍛錬された笑いの強さ

とわ子とかごめは10歳のときに出会った。信号のない横断歩道を渡れないかごめの手を握り、片方の手を挙げて横断歩道をとわ子が渡ったことから付き合いがはじまり、空野みじんこという合作ペンネームで漫画家を目指したり、海外旅行で誘拐されたりなど波乱万丈。

かごめは社会人になると転職を繰り返し、隣家の赤ん坊を誘拐したこともある(これは坂元作品『Mother』のパロディではとSNSで話題になった)など落ち着かない生活を過ごしているが、ある時、とわ子のマンションに住むオーケストラ指揮者・五條(浜田信也)と発芽(恋のたとえ)しそうになったにもかかわらず、食事の約束をすっぽかす。

かごめのいとこの登場により、彼女が実家の資産3億(おばあちゃんの遺産)を寄付してしまったのだと知るとわ子。おばあちゃんの遺産が3億もあったとは思えない、かごめは質素なアパートに住んでいる。広くておしゃれな高級マンションに住むとわ子とかごめは生活環境にこんなにも格差があっても付き合えていて、そこが麗しい。そして、遺産3億もあるような家の子であった認識をとわ子にはしてほしくないとかごめは思ってきたところも匂わせる。

恋愛をしたくない人

かごめの生き方はいわゆる一般的なものとされているものから外れているようである。「私にはルールがわからないの」「みんなが当たり前にできていることができない」「私から見たら全員山だよ」とかごめは思っている。その当たり前のなかに恋愛もあった。かごめは恋愛をしたくない。それだと寂しいこともわかっているが「ただただ、それが私なんだよ」と言う。

そんなかごめに、とわ子は「そう」とだけ答える。何かと反発しケンカするふたりだけれど、肝心なところは「そう」とだけ聞いてくれるとわ子が、かごめには楽なのではないだろうか。知らんけど。

世の中には、恋愛をしたくない人もいる。ドラマではよく恋愛がしたくてもできない人物が描かれる。恋愛下手とか臆病な人が。たいていその人達が乗り越えて、恋愛する様子が物語になる。

この記事の画像

「『大豆田とわ子と三人の元夫』30年経っても手をつなぎ合えるとわ子とかごめの尊い関係」の画像1 「『大豆田とわ子と三人の元夫』30年経っても手をつなぎ合えるとわ子とかごめの尊い関係」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

大豆田とわ子と三人の元夫

大豆田とわ子と三人の元夫

松たか子演じる、3回結婚して3回離婚した大豆田とわ子が三人の元夫たちに振り回されながら日々奮闘するロマンティックコメディー。脚本家・坂元裕二による完全オリジナルドラマ。カンテレ・フジテレビ系にて、2021年4月13日〜6月15日放送。

お買いものリンク