review

『大豆田とわ子と三人の元夫』とわ子との関係を「なくした」と思う慎森と「捨てた」と思うとわ子

『大豆田とわ子と三人の元夫』とわ子との関係を「なくした」と思う慎森と「捨てた」と思うとわ子
イラスト/おうか

※本文にはネタバレがあります

同じことで笑い合っていたとわ子と慎森『大豆田とわ子と三人の元夫』第2話

日常会話で気の利いた言葉をチョイスする人たちばかりが集う『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ・フジテレビ系 火曜よる9時〜)は選ばれた者たちのサロンめいた世界観が快感。

【前話レビュー】幸せになることを諦めない松たか子演じるバツ3女のちょっと笑える日常と心情

第2話で中心になる、とわ子(松たか子)の三番目の夫で弁護士の中村慎森(岡田将生)の気の利いたセリフ群は「いや、いちいち離婚したって言う必要あるかな。お寿司を食べているときにいちいち、死んだエビ美味しい、死んだマグロ美味しいねって言う? 言うかなあ」とか「清少納言とステーションワゴンほど関係ない」「ごめん、本当は思い出にならない。さよならが言えない」など……。

ビジネスホテルに住んでいて、パンダが好き。理屈っぽく気難しいが、意外と抜けているところもあって取り付くしまもないことはない。そんな慎森ととわ子の馴れ初めは――。

嫌いなものに対する感性が近かったように感じた。例えば、ケータイを手に掲げて通話する業界人ふうの人などを笑う感性が似ている。とわ子と慎森の出会いは、そのケータイを掲げて通話する人物を笑うところから。その後、捨ててあったソファにとわ子が一目惚れして、慎森が運搬を手伝って、そのソファはふたりのお気に入りになった。

でもスポーツマンタイプの夏でもないのに半袖のインテリアデザイナーに勧められた心身が溶けるソファを購入し、拾ったソファを再び捨てる。元夫三人そろって「春のすき焼き祭り」にとわ子の家を訪れたとき、ソファが新しくなっていることに気づいた慎森の顔……。彼はとわ子がスポーツマンタイプのインテリアデザイナーが四番目の夫になれば、未練が断ち切れると思っている。そう、慎森はまだとわ子を忘れられないのだった。

一方とわ子はソファのように慎森との結婚生活を捨ててしまった。「なくしたんじゃないじゃん。捨てたんじゃん。捨てたものは帰ってこないよ」ととわ子は言う。

出会ったときは同じことで笑って、同じものをお気に入りにしたふたり。出会った頃はスポーツに対する感性も似ていたはずだった。ところがいまやスポーツマンと仲良くするとわ子。慎森ととわ子の関係を「なくした」と思う慎森と「捨てた」と思うとわ子。ものの感じ方が違ってしまう。その差異が別れである。

価値観の違い

別れはたいてい価値観の違いで起こる。嫌いなもの。好きなもの。とわ子は外れる網戸が「戦争より嫌い」と言い、ナレーション(伊藤沙莉)や娘・唄(豊嶋花)にツッコまれていた。

とわ子と慎森が接近しているところを唄に見られ、仲悪いことを強調するため、ふたりがどれだけ嫌いか、嫌いなものを列挙する。嫌いなものの例えがまた気が利いている感じ。そのときとわ子はまた「戦争より嫌い」と言う。唄は、ソファを捨てるときにぬいぐるみを拾う。彼女は気にいったが、とわ子は「怖い怖い」と怯える。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

大豆田とわ子と三人の元夫

大豆田とわ子と三人の元夫

松たか子演じる、3回結婚して3回離婚したバツ3の女性・大豆田とわ子が三人の元夫たちに振り回されながら日々奮闘するロマンティックコメディー。脚本家・坂元裕二による完全オリジナルドラマ。カンテレ・フジテレビ系にて、2021年4月13日〜放送中。

2021年4月21日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。