#オリンピック観ない人にオススメの映画

ハッシュタグつけて五輪期間中にオススメ映画祭りがやりたい

ゴニャゴニャ前置きを並べる前にまず提案したい。#オリンピック観ない人にオススメの映画 みたいなタグ作って、映画館とか、TSUTAYAとか、サブスクの映画推しまくり大会がやりたい。なぜなら、このまま五輪が開催されたらTVが五輪だらけになるから、

#オリンピック観ない人にオススメの映画

前置きを並べると行ったが、すでにいちばん伝えたい事項は述べてしまったので、これ以降は読み飛ばしていただいてかまわない。むしろ今すぐツイッターに戻って、ハッシュタグつけてオリンピックに興味がない人に紹介する映画をバンバンツイートしてほしい。

誤解しないでいただきたいが、この提案はオリンピックの開催を肯定するものではない。想定しうる最悪のシナリオを直視し、小池都知事は開催権を返上し、IOC、日本政府は、オリンピックを中止すべきである。

どうやらオリンピックをやるらしい

しかし、どうやら本当に緊急事態宣言下の東京でオリンピックをやるつもりらしい。修学旅行や運動会は中止になっていても、世界中から飛行機に乗って飛んでくる大人の大運動会だけはOKということだ。

無観客とは言え、世界から集まってくるのは観客だけではない。選手団や、報道陣がすでに続々と東京に到着し、フラフラと選手村の外へ出歩いている。バブル方式とは何だったのか。多分に危険性を孕んだ状況である。

これが映画なら、あぁ〜〜そんなことしたらダメぇ〜〜とドキドキハラハラしながら観ているうちに、案の定大惨事(目も当てられないような人為的事故)に発展し、人類全体や、舞台となった都市の住民に壊滅的ダメージを及ぼすのがお決まりのパターンであるが、

#オリンピック観ない人にオススメの映画

事実はフィクションのはるか斜め上を爆進中である。デルタ株やら、ラムダ株やら、変異種が流行している中、世界各国の人間が一箇所に集中したら、またどんな変異を遂げるかわかったものではないが、正常性バイアスがんギマリのIOC、日本政府、東京都知事は、そんなことは意に介さない。仮に何人死のうとも、自分たちの責任ではないし、自分たちも死なない。ということなのだろう。とどのつまり、身内がガッポリ稼げれば、他がどんだけ迷惑被ろうが知ったこっちゃないのだ。

巨大ビジネスと化した『平和の祭典』

パソナグループ取締役会長の竹中平蔵氏は、五輪開催の根拠を「スペイン風邪でもやった」と100年前のアントワープ大会を引き合いに出して力説したが、商業化以前の五輪と、利権にまみれた今の五輪では、規模も理念も全く別物なので、同列に比較して「五輪やるべし!」という論法は通用しない。

近代五輪の創設者であるクーベルタンは、IOC総会の祝典費用を自己負担していたためICO会長退任前に事実上破産していたし、アマチュア原理主義を貫いたブランデージ第5代会長は当時のレートで年間2700万円の自腹を切っていた。高級ホテルに止まり、リムジンで移動している今とは話が違うのだ。

オリンピック観ない人にオススメの映画

儲からないものだったオリンピックが、利権を握った一部の特権階級が儲けて稼ぐものになった時点で、クーベルタンの説いた「スポーツによる友好と平和」という五輪の理念は、ハリボテとなった。『平和の祭典』という建前の元、スポーツの感動を売る巨大ビジネスと化し、選手も含めて食い物にしているのが現在のオリンピックである。

この記事の画像

「#オリンピック観ない人にオススメの映画」の画像1 「#オリンピック観ない人にオススメの映画」の画像2 「#オリンピック観ない人にオススメの映画」の画像3 「#オリンピック観ない人にオススメの映画」の画像4
「#オリンピック観ない人にオススメの映画」の画像5 「#オリンピック観ない人にオススメの映画」の画像6 「#オリンピック観ない人にオススメの映画」の画像7 「#オリンピック観ない人にオススメの映画」の画像8