review

「にじさんじ」レヴィ・エリファ、夢の初ステージは完全AR生バンドライブ「待ちに待った目標が叶った」

「にじさんじ」レヴィ・エリファ、夢の初ステージは完全AR生バンドライブ「待ちに待った目標が叶った」
2019年5月にデビューしたレヴィ・エリファ。魔物と人間の間に生まれた亜人で、人間と魔物が仲良くなることを願って、配信活動を始めた。普段の可愛らしい声と、パワフルな歌声とのギャップも大きな魅力

にじさんじ初の生バンドARライブにレヴィ・エリファも出演

100人以上の人気バーチャルライバー(VTuber)を擁する「にじさんじ」初の完全AR生バンドライブ『にじさんじ AR STAGE “LIGHT UP TONES”』を、7月31日(土)と、8月1日(日)の2日間にわたり開催する。

本ライブは、「にじさんじ」を運営するANYCOLOR株式会社が開発したARソフトウェアにより、にじさんじのバーチャルライバーと、生身のミュージシャンが現実世界で共演。臨場感あふれる新感覚のライブステージを作り出す、というもの。無観客で開催され、全47都道府県の75会場(映画館)でライブビューイングも行われると同時に、ニコニコ生放送でも配信。15名のにじさんじライバーが真夏の日本全国をさらに熱くする!

エキレビ!では、この注目のライブのDay1(7月31日)で、念願の大規模ライブイベント初出演を果たす亜人の少女レヴィ・エリファにロングインタビュー。2019年5月のデビュー当時から変わらない歌に対する熱い思いや、念願だった3Dの身体を手に入れて圧巻のパフォーマンスを披露した7月16日の3Dお披露目配信の裏話などを前後編にわたってじっくりと語ってもらった。なお、亜人のため、ライバー活動を通して現在も日本語勉強中のレヴィの言葉は、文章化する際に一部調整している(例:「ベーチャルライバー」→「バーチャルライバー」)。

「にじさんじ」レヴィ・エリファ、夢の初ステージは完全AR生バンドライブ「待ちに待った目標が叶った」
『にじさんじ AR STAGE “LIGHT UP TONES”』のメインビジュアル。DAY1には、レヴィを含む全8名、DAY2には、月ノ美兎ら全7名の人気ライバーが出演。両日とも全編、生バンドのライブとなっている

常に新しいことにチャレンジしている2年間だった

──『にじさんじ AR STAGE “LIGHT UP TONES”』(以降、『LIGHT UP TONES』)の出演が決まったときの感想を教えてください。

レヴィ 「やっと、ライブに出られる!」という気持ちでした。ボクは、これまで3Dの身体を持っていなかったので、こういったライブイベントに呼んでいただける機会がなかなかなかったんです。だから、先日の3Dお披露目の日程がだいたい決まったのと同時期に、このライブのお話もいただけて、待ちに待った目標が二つ一緒に叶ったような気持ちでした。

──やはりライブへの出演は、バーチャルライバーとして活動を始めた頃からの目標だったのですか?

レヴィ 音楽をメインにバーチャルライバー活動をしていきたいとはずっと思っていて。それこそ、にじさんじの面接のときから、「いつか大きなステージでライブがしたい」ということは、ずっと伝えていました。

──では、2年越しの目標だったのですね。2019年5月にデビューして以降の約2年間は、レヴィさんにとっては、どのような時間でしたか?

レヴィ 最初から音楽をメインにやりたいとは言ってきたのですが、VTuberの中でも特ににじさんじのバーチャルライバーさんは、ゲーム実況や雑談などをメインに活動している方が多いですよね。でも、ボクは、それまで歌以外のことをあまりやってこなかったので、初めてやるようなことがすごく多かったんです。リスナーの皆さんとトークしたり、ゲームをやったり、常に新しいことにチャレンジしている。そういう2年間だったなと思います。

──パワフルで表現力豊かな歌唱力だけでなく、トーク力の高さもレヴィさんの魅力だと思います。VTuberの中には、実は意外と人見知りだったりする方も多いのですが、レヴィさんは、どうですか?

レヴィ もともと、「物怖じしない」とか「人懐っこいとか」とかはよく言ってもらえていたので、お話するのが苦手とかでは全然ないです(笑)。ただ、にじさんじのライバーさんは100人以上もいるので。それだけ多くの方といろいろ関わっていく機会なんて、なかなかないことだし、「誰に声をかけたらいいのかな?」とか、「誰とどんなことをしたら楽しい配信になるのかな」とか、いろいろと悩んじゃったりもして。

実際には、あまり上手に自分から声をかけたりはできてないかも。どちらかと言えば、声をかけてくださった方に付いていって、わちゃわちゃと楽しんでる感じだと思います。

自分の好きなものを突き詰めても、リスナーさんは喜んでくれる

──これまでに行った配信の中で、特に想い出深い配信を教えてください。

レヴィ ちょっと戦略的な話になるのですが、ゲーム実況って、基本的には、そのときに人気のゲームをやるのがいいと思うんです。

──その方が、幅広い層の人が観てくれる可能性は増えるでしょうね。

レヴィ だから、最初の頃、ボクも人気のゲームをやったこともあるのですが、それを観てくれたみなさんに、すごく盛り上がってもらえたかというと、そうでもなかったかなと感じたことがあったんです。だけど、ボクが好きなゲーム、しかも、かなり古いゲームをやったときには、それを喜んでくれるリスナーさんがすごく多かったんですよ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク