review

最先端のAR技術で人気VTuberグループ“にじさんじ”が現実世界のステージで生バンドと共演

「DAY1」「DAY2」ともにアンコールでは、その公演の全出演者がステージに立ち、にじさんじ3周年記念プロジェクト「PALETTE」で発表された全体曲『Wonder NeverLand』を熱唱した

2daysライブ『LIGHT UP TONES』をダイジェストでレポート

7月31日(土)と8月1日(日)、人気バーチャルライバー(VTuber)グループ「にじさんじ」が、配信とライブビューイング限定の完全AR生バンドライブ『にじさんじ AR STAGE "LIGHT UP TONES"』(以下、『LIGHT UP TONES』)を開催した。

【関連記事】「にじさんじ」レヴィ・エリファ、夢の初ステージは完全AR生バンドライブ「待ちに待った目標が叶った」

本公演は、にじさんじを運営するANYCOLOR株式会社が開発した最先端のAR技術により、バーチャルライバーとミュージシャンが同じ空間で共演。樋口楓、緑仙、花畑チャイカ、町田ちま、ジョー・力一、夢追翔、レヴィ・エリファ、加賀美ハヤトが出演した「DAY1」と、月ノ美兎、剣持刀也、叶、ドーラ、魔界ノりりむ、葛葉、椎名唯華が出演した「DAY2」の2公演あわせて、全42曲を披露した。

レヴィ&夢追のデュエットで最先端のARライブが開幕

公演約3週間前の7月9日、突然、開催が発表された『LIGHT UP TONES』。プレスリリースに書かれた「にじさんじ初の完全AR生バンドライブ」というワードから、バーチャル空間の視覚情報を現実世界に重ね合わせて映像化する「AR(拡張現実)技術」を活用した音楽ライブであることはわかる。しかし、どのような形で、バーチャルな存在であるライバーと、我々と同じ現実世界で活動するバンドメンバーが共存するのか。開演まで、はっきりとはイメージができていなかった。

「DAY1」の幕が開け、最初に登場したのは「バーチャルシンガーソングライター」の夢追翔と、今回が念願の初ライブとなるレヴィ・エリファ。歌唱力が高く声の相性も抜群の二人は、アニメ『ポケットモンスター』主題歌「1・2・3」を歌い始める。『LIGHT UP TONES』全体のトップバッターという大役を任されながらも、プレッシャーを微塵も感じさせないパフォーマンスからは、このステージで歌える楽しさが伝わってくる。

最先端のAR技術で人気VTuberグループ“にじさんじ”が現実世界のステージで生バンドと共演
トップバッターとして登場し、現実世界のステージで躍動する姿で視聴者を驚かせた夢追翔&レヴィ・エリファ。空間に歌詞を表示する配信限定ライブならではの演出もこの1曲目から随所で見られた

正方形のステージは周囲が階段状になっており、ステージよりも少し低い周辺エリアで、4人編成のバンド(ギター、ベース、キーボード、ドラム)が演奏。複数のカメラも、ステージを取り囲むように設置されている。しかし、ステージとステージ外の間には次元を阻む境界もなく、ライバーの二人は歌いながらステージを下り、至近距離でカメラアピールもしていた。

さらに、光沢のある黒いステージの表面には、スポットライトなど照明の光が反射しているのだが、ライバーの影も落ち、シルエットも映り込んでいる。

色鮮やかな照明や影も、ライバーの実在感を強調

2番目に登場したのは、にじさんじイベントの常連でエンターテイナーの花畑チャイカ。1曲目とはガラリと変わって照明を暗く落としたステージで、UVERworldの「儚くも永久のカナシ」を熱唱。

スポットライトがインパクト抜群の身体を照らすと、強い光は反射し、巨体で光が遮られた場所には自然な影が落ちる。カメラを通して配信される映像のすべては、バーチャルな存在であるはずのライバーがバンドメンバーと同じ現実空間のステージに立ち、躍動していることを伝えているようだった。

ライブは、5曲を1ブロックとしてMCを挟みながら進行(最後の第4ブロックは6曲)。既存のユニットだけでなく、このライブで初めて実現する組み合わせのコラボが数多く実現した。そのどれもが魅力的で『LIGHT UP TONES』だからこそ観られたものだが、各メンバーが1曲ずつ披露したソロのパフォーマンスも非常に印象的だった。

最先端のAR技術で人気VTuberグループ“にじさんじ”が現実世界のステージで生バンドと共演
高い歌唱力だけでなく、同じ曲を8時間以上歌い続けるなど、企画系の配信でも人気の高い町田ちま。多くのファンが待ちわびた初ライブでも、アンコールを含む6曲で神々しいほどに澄み切った歌声を披露した

特に、デビュー当時から歌唱力の高さを評価されてきた初ライブ組の初めてのソロ、町田ちまの「give it back」と、レヴィ・エリファの「カワキヲアメク」は、できれば現地でその歌声を直接、感じたいと思うほどのパフォーマンスだった。


この記事の画像

「最先端のAR技術で人気VTuberグループ“にじさんじ”が現実世界のステージで生バンドと共演」の画像1 「最先端のAR技術で人気VTuberグループ“にじさんじ”が現実世界のステージで生バンドと共演」の画像2 「最先端のAR技術で人気VTuberグループ“にじさんじ”が現実世界のステージで生バンドと共演」の画像3 「最先端のAR技術で人気VTuberグループ“にじさんじ”が現実世界のステージで生バンドと共演」の画像4
「最先端のAR技術で人気VTuberグループ“にじさんじ”が現実世界のステージで生バンドと共演」の画像5 「最先端のAR技術で人気VTuberグループ“にじさんじ”が現実世界のステージで生バンドと共演」の画像6
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク