review

『プロミス・シンデレラ』大人になりたいと成長した壱成と成吾の対決感がドラマを活気づかせた第6話

『プロミス・シンデレラ』大人になりたいと成長した壱成と成吾の対決感がドラマを活気づかせた第6話
イラスト/ゆいざえもん

※本文にはネタバレがあります

※第7話のレビューを更新しましたら、エキレビ!のツイッターにてお知らせします


多様性を大事にする2020年代のドラマ?『プロミス・シンデレラ』第6話

壱成(眞栄田郷敦)成吾(岩田剛典)がいよいよ本格的に早梅(二階堂ふみ)をめぐって火花を散らし始めた『プロミス・シンデレラ』(TBS系 火曜よる10時〜)第6話。

【前話レビュー】『プロミス・シンデレラ』がぜん成吾(岩田剛典)の魅力が出てきた第5話。いよいよ面白くなってきた

早梅への思いを自覚し大人になりたいと考え始めた壱成の変化も目覚ましく、クール過ぎて何を考えているかつかみどころがなかった成吾の温度も上がってきて魅力が増して来た。早梅に会いに旅館かたおかに来た元夫・正弘(井之脇海)を追い払ったときの対応では成吾のクールさが生き、正弘はたじたじとなる。

『プロミス・シンデレラ』大人になりたいと成長した壱成と成吾の対決感がドラマを活気づかせた第6話
(C)TBS

成吾と早梅の仲を嫉妬した壱成は借金をチャラにするから片岡家を出ていくように言い放つ(第5回)。早梅が出ていったあと、壱成はもやもやが止まらない。祖母・悦子(三田佳子)執事・吉虎(高橋克実)にまで八つ当たりして、悦子に「出ていけ」と言われてしまう。

『プロミス・シンデレラ』大人になりたいと成長した壱成と成吾の対決感がドラマを活気づかせた第6話
(C)TBS

無一文で家を出てきてしまったため、いつもの仲間に連絡をとると、彼のお金目当てで友達付き合いされていたことが明白になり、苛立つ壱成。孤独が募っていく。早梅に電話するとたまたま正弘が旅館に来ていて、家を出たらすぐ元夫と会っているのかと壱成は誤解し、ますます苛立っていく。

一方、早梅は正弘と話すことで「なんで私っていつもこうなんだろう。自分の気持ちをちゃんと言わないと伝わらないのに」と自分の悪いクセに気づく。要するに早梅は悲しい生い立ちを癒やすため常に誰かに心の助けになってもらっているにもかかわらず、誰に対しても心を開かないところがあって関係がうまくいかなくなってしまう。それに気づいた早梅は壱成にきちんと向き合おうと決意する。


あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

プロミス・シンデレラ

プロミス・シンデレラ

二階堂ふみ主演。お金・仕事・家を失い、人生崖っぷちのバツイチアラサー女子が性格の悪い金持ち男子高校生に拾われ“リアル人生ゲーム”をするハメに!? サイコロの目で運命が決まる新感覚ラブコメディ。TBSで、2021年7月13日〜9月14日放送。

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク