review

『プロミス・シンデレラ』がぜん成吾(岩田剛典)の魅力が出てきた第5話。いよいよ面白くなってきた

『プロミス・シンデレラ』がぜん成吾(岩田剛典)の魅力が出てきた第5話。いよいよ面白くなってきた
イラスト/ゆいざえもん

※本文にはネタバレがあります

※第6話のレビューを更新しましたら、エキレビ!のツイッターにてお知らせします


成吾の魅力がクローズアップされた『プロミス・シンデレラ』第5話

壱成(眞栄田郷敦)の和装が端正だった『プロミス・シンデレラ』(TBS系 火曜よる10時〜)第4話から一転、壱成の兄で老舗旅館かたおかの若旦那・成吾(岩田剛典)の魅力がクローズアップされた第5回。いよいよ成吾と壱成の力関係が互角になり、その間で揺れる早梅(二階堂ふみ)という恋愛ドラマの黄金パターンはドラマの強度を上げる。視聴率が若干上がったのもこのせいか。

【前話レビュー】『プロミス・シンデレラ』和装・郷敦の清々しさと絵に描いたような主人公いびり 美醜の差激しい第4話

これまで線が細すぎていまひとつ印象が弱かった成吾だったが、線の細さが優しさに転じて、意地悪ばかりする考え方が幼い壱成よりも思慮深そうな成吾のほうが良く見えてくる。早梅に絡む客に対して決してことを荒立てず早梅をかばう紳士な仕草で株は急上昇。

旅館の仲居たちも成吾派と壱成派に勢力が二分するが、けっきょくはどちらとも近い関係にある早梅は嫉妬されるばかり。早梅がショートカットで服も女性性を強調しないシンプルなもので、男性に媚びたり甘えたりした印象が皆無なところがいい。そこが典型的な少女漫画とは若干違うところである。

早梅はついに成吾と食事をすることになる。10年ぶりの旧交を温めるデート場所は成吾が案内した高級レストラン。壱成は茶房のマスター黒瀬(金子ノブアキ)を伴って張り込む。昔の思い出を語り合いながら食事を楽しむ、良い感じの兄と早梅に嫉妬心を止めることができず、公衆の面前で大騒ぎする。そこがことを荒立てない兄とはえらい違いであり、その違いが魅力でもあって……。落ち着いて守ってくれる大人の優雅さと、危ういところが刺激的な年下のかわいさとの間で揺れる早梅(そして視聴者)。

ただし、食事しながら10年前の回想をしているのを見ると、早梅と成吾が結ばれるしかないような気がしてしまう。壱成には入り込む隙間はないような……。

早梅と成吾の制服シーンに一言

10年前、まだ高校生だった早梅と成吾。早梅はふたり暮らしの父に保護者の義務を果たしてもらえず、金銭的にも心理的にも辛い想いを味わっていた。そこに手を差し伸べてくれたのが成吾。ふたりは川べりで語らうことが癒やし。10年経過して明かされるのは、そのとき頼りになった成吾も母が亡くなったばかりで心が折れそうになっていたことだった。まだかよわい十代のふたりが必死で悲しみを補い合っていたのである。


この切なく純粋な青春物語を数分の回想ではなく、本筋として見たい気さえする。だがしかし、ウルトラマンの3分ルールではないけれど、十分大人の二階堂ふみと岩田剛典ではセピアな画面でなんとかふわっとさせない限り、真面目な本編としてやるのにはやっぱり無理がありそうだ。


あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

プロミス・シンデレラ

プロミス・シンデレラ

二階堂ふみ主演。お金・仕事・家を失い、人生崖っぷちのバツイチアラサー女子が性格の悪い金持ち男子高校生に拾われ“リアル人生ゲーム”をするハメに!? サイコロの目で運命が決まる新感覚ラブコメディ。TBSで、2021年7月13日〜9月14日放送。

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク