review

『おかえりモネ』第69回『何食べ』と違う役を演じることで見えた内野聖陽と西島秀俊の俳優としての資質

『おかえりモネ』第14週「離れられないもの」

第69回〈8月19日(木)放送 作:安達奈緒子、演出:押田友太〉

※本文にネタバレを含みます

※『おかえりモネ』第70回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせします


龍己(藤竜也)の牡蠣が品評会で金賞を獲った授賞式に出席するため東京に来た耕治(内野聖陽)は一晩、百音(清原果耶)の住むシェアハウス・汐見湯に泊まり、翌朝、百音の職場・ウェザー・エキスパーツに立ち寄る。そこで朝岡(西島秀俊)と出会い、思いがけず話し込む。

【レビュー一覧】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第69回掲載中)

内野聖陽と西島秀俊は今秋映画化もされる予定の連続ドラマ『きのう何食べた?』(以下、『何食べ』)でもW主演している仲で、息のあった演技を見せた。耕治の朝岡に対する「初めて会ったように思えない」のセリフは『何食べ』での共演を指しているようにも感じられた。

それもこれも『おかえりモネ』の脚本家・安達奈緒子が『何食べ』の脚本も書いているからこそ成立した、半ば公式的なパロディのようでもあり、『何食べ』ファンにとっては二重の楽しみのあった15分。ふたりの共演に『何食べ』の公式Twitterまでが反応を見せた。今回ばかりは主人公・百音はふたりの話を偶然立ち聞きしてしまう目撃者に徹していた。

耕治に話をする朝岡

朝岡はかつて気象を読み間違えたために駅伝で痛恨の敗北をしている。それをきっかけに気象予報士となったわけだが、気象予報士になってからも壁にぶつかっていた。8年前、東北のある地域(架空の場所)に大雨が降り、朝岡が天気予報で自宅待機を呼びかけたところ、土砂災害が起きて家屋が被害を受けた。自分の判断の誤りを後悔し続けている朝岡。当時も現場に駆けつけたが、8年後、土砂災害が起きたとき、再び現地に向かう。

土砂災害の状況を直接的なビジュアルで見せず、朝岡の泥だらけの靴だけで表している。その泥は大雨によってどろどろに溶けた土であると同時に、朝倉の心の決して晴れないわだかまりでもあるのだろう。

他者にどんなに心を寄せても何もできない無力感に苛まれている朝岡の心の内を、たまたま出くわした耕治が聞く必然性は、百音の父親であることから気を許せたこともあるだろうし、耕治は暗さの一切ないひたすら明るい人物という設定だから、何か話したくなってしまうと考えれば成立するだろう。

耕治の特別な明るさについては第30回で妻の亜哉子(鈴木京香)が「この人の音、全然影がない、明るいっ!」「正しくて、明るくて、ポジティブで前向きであることが魅力にならない世界なんてくそです」などと言い表していた。

『おかえりモネ』第69回『何食べ』と違う役を演じることで見えた内野聖陽と西島秀俊の俳優としての資質

朝岡は合理的な人物かつ、「地元」がなくて、被災地の暮らしを実感できない。何度も被害に遭うなら移住を考えればいいのではないかと思ってしまう。そこで当事者の気持ちを聞いてみたいが、デリケートな百音には聞けない。その点、今、目の前にいる耕治は明るそうだし、銀行員をやっていて視点も違いそうだし、この人になら聞けるんじゃないかと考えたのだろう。そういう人を見る目は朝岡にはありそうだ。誰彼かまわず問いかけるようなことはしない。おそらく気を使ってこれまで誰にも聞けずにいて、だからこそ悩みも深まっていたのではないだろうか(全部筆者の推測ですが)。

ふと耕治が「離れられないんだろうな、海から」と龍己に思いをいたしたことで、朝岡は「離れられない」ことについて堰を切ったように話し出す。

ウェザー・エキスパーツの1階にある一般人が天気を知る装置の修理をしながら話を聞く耕治。装置の修理が物事を理路整然と理解することのようで、でも、一回、直って竜巻が上がり、朝岡も耕治も立ち聞きしている百音も笑顔になったのもつかの間、装置はまた沈黙してしまう。その瞬間は少しだけ、愛情深い耕治の考えで霧が晴れたように思えるも、装置が直らないことは、被災地の思いが簡単に解決する問題ではないことを物語るようである。

ただ、耕治の「おまえたちの未来は明るいんだって。決して悪くなる一方じゃないって俺は信じてい続けてやりたい」というセリフは明るく暖かく強く、太陽の光のように胸に染みた。


この記事の画像

「『おかえりモネ』第69回『何食べ』と違う役を演じることで見えた内野聖陽と西島秀俊の俳優としての資質」の画像1 「『おかえりモネ』第69回『何食べ』と違う役を演じることで見えた内野聖陽と西島秀俊の俳優としての資質」の画像2 「『おかえりモネ』第69回『何食べ』と違う役を演じることで見えた内野聖陽と西島秀俊の俳優としての資質」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

西島秀俊のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「西島秀俊」に関する記事

「西島秀俊」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「西島秀俊」の記事

次に読みたい「西島秀俊」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~10月29日放送。

お買いものリンク