review

映画『遊星王子2021』はSFの顔をした「大人たちの大余興」を眺める作品

映画『遊星王子2021』はSFの顔をした「大人たちの大余興」を眺める作品
(c)2021「遊星王子2021」製作委員会

登場する人物のほとんどが台本通りに動かない衝撃的展開『遊星王子2021』

過去作のリメイクは数あれど、令和の世の中にはさまざまなアレンジが施されて“今風”になっているものが多いだろう──。そんな期待をいろんな意味で裏切ってくれる映画が舞い降りた。

【関連レビュー】壇蜜、人生初のウエディングドレスが中古で5000円。映画『地球防衛未亡人』

その作品とは『遊星王子2021』『いかレスラー』(2004年)、『日本以外全部沈没』(2006年)『地球防衛未亡人』(2014年)などで知られるB級映画の鬼才・河崎実監督がメガホンを取り、1959年(昭和34年)年に梅宮辰夫主演による特撮ヒーロー映画を令和の世に甦らせた。ちなみにWikipediaによれば、同作は「東映が初めてSF調メカを登場させた映画」であるらしい。

映画『遊星王子2021』はSFの顔をした「大人たちの大余興」を眺める作品
(c)2021「遊星王子2021」製作委員会

今回、主人公・遊星王子を演じたのは、2.5次元舞台やBLテレビドラマ『彼が僕に恋した理由』(TOKYO MX)での演技が注目される若手イケメン俳優・日向野祥。正統派の二枚目ルックスを持つ彼のオーラで見事に現代風にアレンジ…… かと思いきや、フタを開けたらサイゼリヤの間違い探し並にツッコミどころが満載なのだ。

惑星同士の民事トラブルに地球が巻き込まれる

現代から遡ること200年前、宇宙船で銀河を旅していたMP5星雲第四遊星の王子、通称遊星王子。「あれが第三惑星、地球か! ハーッハッハッハ!」と高らかに笑ったのもつかの間、太陽黒点活動による電磁波障害、デリンジャー現象に巻き込まれて地球へと墜落してしまう。非常に楽しそうに。非常に楽しそうに「ハーッハッハッハ!」と笑いながら。

映画『遊星王子2021』はSFの顔をした「大人たちの大余興」を眺める作品
(c)2021「遊星王子2021」製作委員会

そして時間は一気に200年進んで現代へ。ヒロインである商店街のパン屋の娘、大村君子(織田奈那)が店の前にいた謎の黒服の男達に襲われそうになったところを、マンホールの下から出てきた遊星王子が間一髪で助けたことをきっかけに、やけに聞き分けのいい大村家の家族に妙にすんなり受け入れられたのち、遊星王子は君子の家の居候となる。

遊星王子は自由な擬態の能力を身に着けており、君子が大ファンのアイドル歌手に扮したり、さらにその歌手と入れ替わって芸能人生活を謳歌したりするのだが、徐々にそこには魔の手が忍び寄っていた……。

君子が遭遇した謎の黒服の男達は、かつて遊星王子にストーカーまがいの横恋慕で星をめちゃくちゃにされた「タルタン星」の宇宙人であり、彼らは彼らで宇宙の破滅を回避するため、遊星王子の始末を企んでいたのだ。どうなる!? 遊星王子!

改めてあらすじを書き起こしてみると、そのストーリーのカオスっぷりに頭がクラクラする。正義の味方は悪でもあり、悪役もまた正義の要素を持っており、言ってみたら惑星同士の民事トラブルに地球が巻き込まれるのだ。カオス!!!

映画『遊星王子2021』はSFの顔をした「大人たちの大余興」を眺める作品
(c)2021「遊星王子2021」製作委員会

そんなストーリーが、(いい意味で)チープなSF特撮映画のフォーマットで展開されていく。しかもひとつひとつのシーンは長くて3分程度と異様に短く、唐突に時間が飛んだり、舞台がワープしたり、パッチワークのようなシーンの行き来を繰り返しながら展開していく。余韻? 伏線? なにそれおいしいの?

「わからない人は置いていきますよ、義務教育やないんやからね」とは今はなきアングラ芸人・テントの言葉だが、まさに文字通り、スクリーンにかぶりついて情報を整理しながら見ていかなければ、あっという間にストーリーは次へ進んでしまうのだ。途中でトイレに立とうものなら終わりである。

メインの登場人物以外、誰一人として台本通りに動かない

しかし心配ご無用。この映画はただでさえ突っ込みどころが多い。そのひとつが、ワザとじゃないかと思えるほどにチープな編集だ。SFモノということで変身やバトルシーンの随所にVFX技術の用いられたシーンがあるのだが、負荷の問題か、それ以外の理由か、大体の場面でVFXの対象となる登場人物以外はピタリと静止画状態になる。明らかに白昼撮影されていると思われるシーンを無理やり夜空風に編集しているシーンすらある。

映画『遊星王子2021』はSFの顔をした「大人たちの大余興」を眺める作品
(c)2021「遊星王子2021」製作委員会

それに輪をかけるのが、演技慣れしていない主人公以外の人物たちが作り出す、微妙に生々しい空気だ。

作中、ヒロインの弟役として子役の男の子が登場するのだが、“悪役”であるタルタン星人に捕らえられるシーンでは、めちゃくちゃ楽しそうな笑顔を見せながら、嫌がる。「離せ〜!」と言いながら、とにかく嬉しそうにジタバタする。デパートの屋上のヒーローショーか。捕まえている悪役たちは一応不敵な笑みを浮かべる演技をしているのだが、あまりその表情が柔和すぎて、お盆に孫を出迎えるお祖父ちゃんの顔になっている。


あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク