review

空気階段をいち早く発掘 ラジオ番組Pが感じた“ブレイクの予兆”

『マイナビ Laughter Night』番組Pインタビュー

『キングオブコント2021』でチャンピオンに輝いた空気階段(水川かたまり・鈴木もぐら)。10月4日深夜に放送された彼らのレギュラー番組『空気階段の踊り場』(TBSラジオ 毎週月曜24:00〜)では、サプライズゲスト・峯田和伸(銀杏BOYZ)の生歌に多くのリスナーの心を震わせたが、その裏には、そんな彼らをいち早く見出し、ラジオの道へといざなった番組の存在があった。

その名は、『マイナビ Laughter Night(ラフターナイト)』(TBSラジオ、毎週金曜24:00〜)。毎月およそ40組の若手芸人たちが番組オンエアを目指してライブに挑み、リスナーの投票によって勝者を決める番組だ。

空気階段は2016年10月、2017年10月のグランドチャンピオン大会で連続優勝。他にも歴代チャンピオンには『M-1グランプリ2020』ファイナリストオズワルド(畠中悠・伊藤俊介)など、賞レースで活躍する芸人たちの登竜門として注目を集めている。

『マイナビ Laughter Night』2016年第2回チャンピオン大会で優勝した空気階段(写真提供:TBSラジオ)

今回は番組プロデューサーを務めるTBSラジオ・志田卓氏にインタビュー。世間に先んじて空気階段に見出していた魅力をはじめ、10月16日に有楽町よみうりホールで開催される『マイナビ Laughter Night』第7回チャンピオンLIVEの見どころをたずねる。

■志田卓=プロフィール

TBSラジオ・24時台統括プロデューサー。『マイナビ Laughter Night』の前身番組『マイナビ Saturday Night Laugh』の立ち上げから番組プロデューサーを務め、『空気階段の踊り場』(TBSラジオでは毎週月曜24:00〜)『ほら! ここがオズワルドさんち!』(毎週金曜24:30頃〜)や、さらに毎週水曜24時放送の『24時のハコ』も立ち上げた。ポッドキャスト番組『真空ジェシカのラジオ父ちゃん』『ヒロシ×阿諏訪の無骨ラジオ』なども手掛ける。

「お笑いというより、ドキュメンタリー」空気階段のブレイクを確信した2016年

──キングオブコント以前から『マイナビ Laughter Night』(以下、マイナビラフターナイト)で強烈な存在感を放つ存在であった空気階段ですが、番組での第一印象はいかがでしたか?

空気階段をいち早く発掘 ラジオ番組Pが感じた“ブレイクの予兆”
2020年『マイナビ Laughter Night』第6回チャンピオンLIVEに出演する空気階段(写真提供:TBSラジオ)

志田:空気階段は、番組ディレクターの越崎(恭平氏)が「よしもと∞(無限大)ホール」で見つけてきたコンビでした。彼らに感じた第一印象は、「単なるお笑いネタというより、一つのドキュメンタリー、ショートストーリーの雰囲気を持つ二人だな」と。

もぐらくんが演じるリアルで象徴的なおじさんキャラは特徴のひとつですが、コントのなかでは、その「おじさん」がネタを超えて、深く考えるメッセージすら感じました(笑)。

──空気階段のブレイクの兆しは、どの時点で感じていましたか。

志田:最初の頃は、かなり「通好み」なネタで、好き嫌いが分かれるけど、インパクトだけは強烈にあるコンビだなという程度にしか思っていなかったんです。ただ、2016年に空気階段が最初にチャンピオン大会に出場してきたときのお客さんのウケ具合はすごかったですね。

一度チャンピオンになったあとにも、再び翌年、オンエア争奪ライブに出場して、またまた2回目のグランドチャンピオンを獲った瞬間あたりからは「正真正銘、誰もが面白いと思うコンビだな」と。この二人はここからまだまだ注目されるんだろうな、と思いました。

2回目にグランドチャンピオンを連覇したとき、得票数を見て「『また空気階段かよ』と言われるのでは……」と戸惑いすら覚えましたが、これが真実なんだし、本当に面白い結果なんだし、当然、結果を不正操作なんてするつもりもないから、受け入れるまで空白の時間があったことを今でも覚えています!

──グランドチャンピオンの特典として放送された冠番組『空気階段のRADIO ESCALATOR』を皮切りに、レギュラー番組『空気階段の踊り場』と、ラジオの分野でも大きな存在感を発揮した空気階段ですが、番組プロデューサーとして、二人のラジオに対するポテンシャルをどう感じましたか。

志田:『空気階段のRADIO ESCALATOR』での好評をきっかけにレギュラー化へと進んだのですが、特番の時点から、二人はさっそく、かなりのラジオ愛を見せつけてくれましたね。

もぐらくんは、その生活柄ゆえ自宅にテレビがなく、ラジオ中心の生活だったということもあって、自然と「ラジオ的な企画」に取り組んでくれました。自ら「足」で取材して、街の人の声を聞く企画も積極的に行ってくれたんです。

かたまりくんも、引きこもり時代にラジオを聴いて芸人を目指したっていうくらいなので、特番のために「ラジオ」を題材にしたコントを複数作ってくれました。それを全部聴くと、「もはやこれはひとつのドラマだ」と感動すらしてしまう内容で。たんなる自己満足ではなく、ラジオが持つ特性を存分に活かして、リスナーさんもしっかり巻き込む内容を、盛りだくさんでやってくれました。

こうした二人のラジオに対する真摯な姿勢は番組の評価としてもハッキリあらわれて、特番後にTBSラジオの幹部からも「面白い」と高評価をもらい、レギュラー番組へと発展しました。

「ガチの面白さ」を追い求める空気が、未来のブレイク芸人を作り出す

──前身の番組を含め、一貫してプロデューサーとして関わっている志田さんですが、立ち上げにおいてはどのような思いがありましたか。

志田:もともと2015年にこの番組を立ち上げたとき、私はニュース番組をメインに担当していたんです。お笑いというカテゴリーに対しては「場違い」な立場で、正直声がかかったときには「なぜ自分なんだろう」と不思議な気持ちでしたが、「あえて畑違いの自分にお笑い番組をやらせることで、何か変革を起こそうと思ったのでは」と勝手に解釈して、自分なりの思いを込めて番組作りに取り組みました。


この記事の画像

「空気階段をいち早く発掘 ラジオ番組Pが感じた“ブレイクの予兆”」の画像1 「空気階段をいち早く発掘 ラジオ番組Pが感じた“ブレイクの予兆”」の画像2 「空気階段をいち早く発掘 ラジオ番組Pが感じた“ブレイクの予兆”」の画像3 「空気階段をいち早く発掘 ラジオ番組Pが感じた“ブレイクの予兆”」の画像4
「空気階段をいち早く発掘 ラジオ番組Pが感じた“ブレイクの予兆”」の画像5
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク