review

『おかえりモネ』第111回 新次と耕治が長らく取りこぼしてきたことに向き合いはじめたとき、百音も…

『おかえりモネ』第23週「大人たちの決着」

第111回〈10月18日(月)放送 作:安達奈緒子、演出:梶原登城〉

※本文にネタバレを含みます

※『おかえりモネ』第112回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせします


台風一過、降り注ぐようやく朝日のなか亮(永瀬廉)未知(蒔田彩珠)が手を取り合った。良かった良かった。……と思ったら「ごめん、だめだ。まだけりついてない」と亮は手を離す。「もう少し時間くれる?」と亮に訊かれて、静かにうなづく未知。彼女は「新次さんのことだよね」と理解している。

【レビュー一覧】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第111回掲載中)

物語には緩急が必要で、どうなる?どうなる?とどんどん展開を切り替えていくことが飽きさせないテクニック。先週金曜日の終わりで、ようやく亮と未知がうまくいきそうとホッとしたところ、週明けに「ごめん、だめだ」で一回落とし、理由は新次と父子関係の決着をつけるからでまた安堵。話芸の達者な人のように緩急をつけて物語を単調にしない仕掛けを作り手は常に意識している。

ジェットコースターのような波の上げ下げに陽の余韻を作る作家と陰にもっていく作家がいて、個性とはいえ、陰の繰り返しはちょっとずつ心に溜まってダメージを与えていくことを作り手はもう少し意識してほしい。心の弱い人にとって、結果は悪くないとはいえ、緩急そのものがダメージにもなるのだ。

これは朝の放送だとか夜の放送だとかそういう問題ではないし、ましてやテーマが深刻であるからということとも関係はない。世界や物語に対しての心の持ち方である。世界に対してぐっと頭を持ち上げるか、うなだれるか。

そんなときに浅野忠信である。彼が演じる新次はこの物語の中で最もしんどい境遇を背負っている。震災前は天才漁師として大活躍していたが、震災で船も家も妻も失って自暴自棄になり、9年経過しても未だ立ち直れていない。

だが、浅野忠信の芝居はそのネガな感情をきちんと生命力に循環させているように感じる。新次が震災で生きる気力を奪われながらそれでも生き続けている命の塊を浅野忠信から感じて、悲しいけれど観ている我々はなんらかの力をもらうことができるのだ。酒浸りでまったく立ち直ってない頃の怒りや哀しみや絶望にも浅野忠信には強さがある。

いちご農家の仕事は漁師としてのアイデンティティーからの逃亡とはいえようやく逃げることが役にも立ったことが感じられる。浅野はお酒の代わりにいちごの生命力に依存している人間を魅力的にしている。

『おかえりモネ』第111回 新次と耕治が長らく取りこぼしてきたことに向き合いはじめたとき、百音も…
写真提供/NHK

内野聖陽もそうである。彼が演じる耕治は『モネ』のなかでは屈託のないキャラ設定で、実際恵まれている。震災の被害も少なく、仕事も順調。ところが、好きなことを自由に選択してきたつもりだったが、人生の折返しに来てふと思い直す。家業から背を向けて来たことについて。彼もまた逃げてきたことに向き合おうと考えるのだ。今週のサブタイトル「大人たちの決着」を浅野忠信と内野聖陽がしっかり締めてくれるそうで安心感がある。

大人たちが長らく取りこぼしてきたことに向き合いはじめた時、百音もまた家業に向き合いはじめる。ふと自分でも何かできないかと考え始めるのだ。さすが百音は父似と言われていただけあって思考のパターンが似ているのではないだろうか。先週あれほどきっぱりと「私は気象予報士です」と言っていた百音だったが、あの覚悟は実際、嵐の現場で、最後は祈ることしかできないとぽっきり折られてしまったようだ。これもまた陰の方向に下がってうなだれてしまった流れである。

清原果耶はこれまでは負の状況にも頭をもたげる芝居をしてきた俳優である。だが今回はなかなかそうできない人物を演じている。自然というあまりにも巨大なものに人間は無力であるという哲学を全身で表現している。彼女にとってそれは大きな挑戦であろう。大人たちは無力である認識とそんなことは関係なく生き続ける命の力を解き放つ。物語はそこまでいってナンボであろう。「くそ度胸」「しぶとさ」とはそれではないのか。


この記事の画像

「『おかえりモネ』第111回 新次と耕治が長らく取りこぼしてきたことに向き合いはじめたとき、百音も…」の画像1 「『おかえりモネ』第111回 新次と耕治が長らく取りこぼしてきたことに向き合いはじめたとき、百音も…」の画像2 「『おかえりモネ』第111回 新次と耕治が長らく取りこぼしてきたことに向き合いはじめたとき、百音も…」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~10月29日放送。

お買いものリンク