review

『おかえりモネ』第114回 新次が9年目の決断をしたとき、耕治もまた父親の諦めない精神を継ぐ

『おかえりモネ』第23週「大人たちの決着」

第114回〈10月21日(木)放送 作:安達奈緒子、演出:梶原登城〉

※本文にネタバレを含みます

※『おかえりモネ』第115回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせします


新次(浅野忠信)が妻・美波(坂井真紀)の死亡届けに判を押した。第113回で「(美波の存在が)ながっだことになんかなるわけないだろ」と耕治(内野聖陽)が言ったことに続いて、龍己(藤竜也)が仏壇に収まることで相手を身近に感じると言う。

【レビュー一覧】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第114回掲載中)

状況を受け入れることで、新しく前向きな関係性が生まれる。成仏できないという言葉があるように、美波があの世に行ったことを認めないでいると、彼女の居場所はあの世とこの世の中途半端なところにさまよってしまう。亡くなったけれどいつもそばにいると思うと、彼女に話しかけることもできて、そうしたら彼女はある意味、いつだって蘇るのである。

死者との共生――これも朝ドラではしょっちゅう描かれている概念である。わかりやすく幽霊として出すこともあるし、『モネ』のようにナレーションで見守ってくれている雰囲気を出すこともある。

新次が龍己と話して笑っているとき、明るい日差しが降り注いでいたが、亮(永瀬廉)が永浦家の玄関を出る時、雨が降ってきた。「すべてが整うと雨が降る」とかつて百音(清原果耶)が決心して東京に旅立つ時にサヤカ(夏木マリ)が語った言葉である。地球を循環する水がまわりまわって、雨になって降り注ぐ。亮(永瀬廉)も新たな旅立ちを迎えたことを雨が示している。

この時の百音の表情や言い方がどことなくサヤカみたいになってきて見える。もしかしたらサヤカも若い時は百音のように一生懸命だけど未熟で頼りないところもあったのかもしれない。

友人・新次の9年目の決断を見て、耕治も決意を固める。永浦水産を継ぐことを。未知が帰ってくる(亮を送って少し時間を共に過ごしてきたのかも)と家族会議がはじまる。新次と亮が百音たちに見守られて本音を話し合ったように、永浦家、全員集合。雅代(竹下景子)の写真まで持ってくるのは、美波のことがあったから、改めて雅代のことを考えたのであろう。

頑固な龍己と純朴な耕治ががっつりぶつかり合う。「人間ってのは変わるんだよ。変わっていいんだよ」と調子のいいことを言う。それを百音は「真っ直ぐでポジティブ」と表する。尊敬と呆れの半分半分くらいの表情で。

『おかえりモネ』第114回 新次が9年目の決断をしたとき、耕治もまた父親の諦めない精神を継ぐ
写真提供/NHK

耕治の長台詞。これまで銀行で融資した街の人たちは、誰もがやめることが頭をよぎることもあり、その時、龍己のめげなさ(『モネ』的にいうと「しぶとさ」ってことであろう)を励みにしていたという。「簡単じゃない。だからやるんだよ」と父譲りのしぶとさを見せる耕治に本当は嬉しいだろうに龍己は「やるならやってみろ。おまえには無理だ!」とぶっきらぼうに振る舞う。

亜哉子(鈴木京香)は雅代が昔、言っていたことを思い出す。

「土地を耕し、水を治める。何があっても自分の力で踏ん張れる。そういう人になってほしくてつけた名前なのよ。私たちはどうしても自然に振り回されてしまうから。だから漁師でなくてもよかったの」

“何があっても自分の力で踏ん張れる”。まさに今の耕治の選択したことである。つまり、困難にぶち当たり諦めそうになった時、それでもやり続ける人がいることで、みんなの支えになる。耕治のやりたいことは水産業を継ぐことというよりは諦めない精神を継ぐことなのである。金融だって諦めないための支えだから。人が何かを成し遂げるためにお金を貸すのだ。

「変わっていいんだよ」と言うが、耕治の核になる部分は不変なのだと感じる。お金を貸すことで地域の活性化に尽力していた耕治が、今、地域に必要な諦めない心の象徴を守ることに変わったのだ。もちろんいまだにお金も大事ではあるだろうけれど。


この記事の画像

「『おかえりモネ』第114回 新次が9年目の決断をしたとき、耕治もまた父親の諦めない精神を継ぐ」の画像1 「『おかえりモネ』第114回 新次が9年目の決断をしたとき、耕治もまた父親の諦めない精神を継ぐ」の画像2 「『おかえりモネ』第114回 新次が9年目の決断をしたとき、耕治もまた父親の諦めない精神を継ぐ」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~10月29日放送。

お買いものリンク