review

『おかえりモネ』第115回「19対5」絶対的な数値上では亮にかなわないと理屈で考えるのが菅波らしい

『おかえりモネ』第23週「大人たちの決着」

第115回〈10月22日(金)放送 作:安達奈緒子、演出:梶原登城〉

※本文にネタバレを含みます

※『おかえりモネ』第116回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせします


第114回の回想シーンで、雅代(竹下景子)耕治(内野聖陽)の名前の由来を語った。「土地を耕し、水を治める。何があっても自分の力で踏ん張れる。そういう人になってほしくてつけた名前なのよ。私たちはどうしても自然に振り回されてしまうから。だから漁師でなくてもよかったの」。

【レビュー一覧】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第115回掲載中)

代々続く家業を子供に当然のように継がせるのではなく子供の意思に任せた結果、回り回って耕治は水産業を選ぶことになった。

「(何があってもくじけない象徴になる人や場が世の中には必要で)だがら、永浦水産。こごはなくしちゃダメなんだ」と熱っぽく語る耕治は諦めない人の象徴である。東日本大震災をはじめとして多くの自然災害に人類が負けない意思でもあると同時に、五十歳過ぎても新しいことをはじめていいというような年齢差への抗いでもある。

多くの人に希望を与える耕治。演じているのは内野聖陽で「聖なる陽」という名前を持っている。耕治の太陽のような明るさは演者の名前に影響されているようだ。

どんな時でも太陽は登ってきて、地球を照らし温めて、生き物の力になる。命の源のような存在である。朝、百音(清原果耶)がブナの笛から芽生えた木を日に当てようと庭に出る。小さい芽が随分大きくなった。それを「かわいいな」と愛でる龍己(藤竜也)。この木に雅代が転生していることにうっすら気づいているのだろうか。

百音はこの鉢植えを龍己に「あげよっか」と言う。回り回って龍己の元に雅代が戻って来た。元になっている笛は耕治が作ったもので、彼がびぃーーっと吹いたことで命が吹き込まれたのではないかというファンタジックな妄想が浮かんできた。

『おかえりモネ』第115回「19対5」絶対的な数値上では亮にかなわないと理屈で考えるのが菅波らしい
写真提供/NHK

「大事にしてあげて」。百音の控えめな言い方があたたかく聞こえた。縁側でかすかな朝日に当たりながら百音と語り合う龍己。「養殖の仕事、お父さんできると思う?」という百音の問いに、龍己は未経験で五十代半ばの耕治が水産業を継ぐことを従来のやり方から考えたらありえないことだが、同じやり方をしないで彼なりのやり方でいいと答える。「変えなぎゃいけないものはとっとと変えてよ、大事なものを守っていぎゃいいんだ」と。

“大事なものを守る” その気持ちさえあれば、どこでもどんなやり方でもいい。それはおそらく人間でも牡蠣でもブナでも魂は何度でも生まれ変わるのと同じである。

笛がすごい音をしたと思い出を語りながら「懐かしい」と百音はつぶやく。震災以後だって懐かしくかけがえのない思い出はできている。災害で分断されたこともあるけれど、家族や隣人との思い出は生まれていく。こういう誰かとのちょっとした触れ合いの後、百音がラジオ放送をすると語りかける声がことさら思いやりに満ちたものに聞こえてくる。体験が語り手の深みを作りだしていくのだ。

じわっとヒューマンな物語が綴られた後は微笑ましい恋愛パートへ。1月13日成人の日、百音が事務所で亮(永瀬廉)と嵐の時のことをヒアリングしたついでにお互いのわだかまりを解いているところに菅波(坂口健太郎)がひょっこりやって来る。この日、ついに永浦家に挨拶することになっているが、いつものごとく早く来てしまったようだ。


この記事の画像

「『おかえりモネ』第115回「19対5」絶対的な数値上では亮にかなわないと理屈で考えるのが菅波らしい」の画像1 「『おかえりモネ』第115回「19対5」絶対的な数値上では亮にかなわないと理屈で考えるのが菅波らしい」の画像2 「『おかえりモネ』第115回「19対5」絶対的な数値上では亮にかなわないと理屈で考えるのが菅波らしい」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~10月29日放送。

お買いものリンク