review

最終章『ARIA』 佐藤総監督「10年先、20年先に『ARIA』が好きになった人にも繋がっていく」

「薔薇の女王」こと藍華・S・グランチェスタと、「真紅の薔薇」こと晃・E・フェラーリ。姫屋の二人のプリマ・ウンディーネを中心とした物語が描かれる『ARIA The BENEDIZIONE』

『ARIA』シリーズ最終章を佐藤順一総監督が語る

12月3日(金)から上映中の『ARIA The BENEDIZIONE』。2005年にテレビアニメとしてスタートした『ARIA』シリーズのフィナーレを告げる作品で、原作漫画でも描かれていなかった新たな物語が美しい音楽や映像とともに紡がれている。前作『ARIA The CREPUSCOLO』に続いて、脚本も務めた佐藤順一総監督のインタビュー後編では、終盤のストーリー展開などネタバレ要素にも触れながら、本作が生まれた過程をより深く語ってもらった。

【インタビュー前編】人気作『ARIA』最終章公開 佐藤総監督「“持たざる者”としての描写が胸に響く」

藍華は自分の評価を掴みきれないままきている

――ここからは、『ARIA The BENEDIZIONE』の内容について、ネタバレも気にせず語っていただければと思います。先ほど(前編で)も少し伺いましたが、天野先生が本作のために描き下ろしたネームはどのような内容で、佐藤総監督が脚本で膨らませたのは、どんな要素だったのでしょうか?

佐藤 原作としていただいたのは、藍華(・S・グランチェスタ)晃(・E・フェラーリ)の出逢いからプリマ・ウンディーネになるまでのお話の中で、これまでに描かれていなかった部分。ミドルスクール時代の話や昇格試験のシーンなどですね。レジェンドゴンドラに関するエピソードなどが脚本で加えたところです。

――レジェンドゴンドラのエピソードは、どのような流れで生まれたのでしょうか?

佐藤 『ARIA』を作るときには、ただお話として考えるのではなく、そこで描かれたものが『ARIA』という作品自体や、制作者、ファンの皆さんにも繋がるような物語になるといいなと思っているんです。今回、老舗の大手水先案内店「姫屋」を継ぐことに悩む藍華のお話を天野さんからいただいたとき、姫屋ができた初期、最初に作られたゴンドラ第1号みたいなものがあったとして、それがレストアを重ねて受け継がれていく中で、部品はどんどん入れ替わっていったとしても、歴史あるゴンドラと言えるのだろうかみたいなテーマを思いつきました。そこからは、わりとスムーズに一本の話が出来上がっていきました。

このテーマって作品全体としても繋がっていると思うんです。最初の『ARIA』(『ARIA The ANIMATION』)を作っていたスタッフやキャストも全員が残っているわけではないですが、今作っているこの作品は『ARIA』と言えるじゃないですか。

――そして、そんなゴンドラを受け継げる立場になったとき、藍華ならどうするかということを考えていったわけですね。

佐藤 素直には受け取らないだろうというのは、最初から確信していました(笑)。藍華は、「会社のみんなは『藍華さん』って言うけれど、自分が姫屋の娘だからそう言うだけで、誰も私のことを評価なんかしていない」と思っているところがあって。自分の評価をずっと掴みきれないままきているんです。そんな藍華にとって、「姫屋のレジェンドゴンドラだから、あなたが引き継ぎなさい」という空気感で迫られるのは、本当に辛かったと思うんですよね。「私は、それを引き継げるような人間じゃない」と思っているはずなので。

最終章『ARIA』 佐藤総監督「10年先、20年先に『ARIA』が好きになった人にも繋がっていく」
プリマ・ウンディーネに昇格後、姫屋の支店長を任されることになった藍華。支店にはガーデンカフェもあり大忙しだが、直接指導しているあずさをはじめ、多くの従業員たちをまとめている

何かが変わりゆくとき、終わっていくものもある

――藍華の決断を不満に思う後輩のあずさ(・B・マクラーレン)がいろいろ働きかけるという導入の展開を観たとき、最終的に何かのきっかけで藍華の意思が変わり、レジェンドゴンドラを引き継ぐことになるのかなと思いました。しかし、藍華の決意は固く、逆にあずさの方が藍華の真意を知って納得することになりました。この物語の流れも、佐藤総監督の中では早い段階から固まっていたのですか?

佐藤 レジェンドゴンドラが引退して、ミュージアムに展示されるということも含めた流れについては特に迷ったりはしなかったです。何かが変わりゆくとき終わっていくものもあるわけで、そのことを否定したくはない。その先に未来がある、みたいなことは、わりといつも考えていることではあります。

――あずさが、尊敬する藍華にレジェンドゴンドラを受け継いでほしいと思った気持ちもわかる気はします。

佐藤 本人ではなく周りの人間が、「この人にはこうあってほしい」みたいな希望を持つことってよくありますよね。特に物作りとかをしていると、「この人には、こういうものを作ってほしい」とかあるんですよ。「サトジュンの作品で、ダークなお話とか観たくないです」って言われたり。僕は、そういうのも嫌いではないですけどね(笑)。

――水先案内人ミュージアム館長の明日香・R・バッジオというキャラクターは、アニメオリジナルのキャラクターかと思ったのですが、そうではないらしいですね。

佐藤 レジェンドゴンドラに関するエピソードを思いついた後、(『ARIA』の関連書籍の)『月刊ウンディーネ』に、水先案内人ミュージアムという施設のことや館長の明日香さんについて触れられていたので、「これだ!」と思い使わせてもらいました。施設としては、ヴェネツィアにある「海洋史博物館」か、小樽の「北一ヴェネツィア美術館」のどちらかをモデルにさせてもらおうということになり、最終的には小樽の方になりました。ただ、制作中は現地には行けず、送ってもらった写真から設定を起こしています。

最終章『ARIA』 佐藤総監督「10年先、20年先に『ARIA』が好きになった人にも繋がっていく」
12月3日(金)には公開初日舞台挨拶も開催。皆川純子(晃役)、中原麻衣(あずさ役)、葉月絵理乃(灯里役)、広橋涼(アリス役)、佐藤順一総監督、名取孝浩監督が登壇し、本作の見どころなどを語った

晃のお礼の言葉は、素直な気持ちがスッと出た

――本作は、前作(『ARIA The CREPUSCOLO』)と同じく、佐藤総監督が脚本を書き、名取孝浩監督がコンテを描くという形で制作されています。ご自身以外の誰かがコンテを担当する作品で、脚本を書くことは非常に稀だと思うのですが。脚本を執筆する際には、コンテを描くときのように映像でイメージが浮かんでいるのでしょうか?

佐藤 僕がシナリオを書くのが苦手なのは、まさに、その頭に浮かんだものを文字に起こすことがストレスだからなんですよね。絵として浮かんでいるのに、なんでそれを1回、文字で起こさなきゃいけないんだって。それが苦手なこともあって、基本的には脚本を書かないんです。僕が脚本としてクレジットされている作品の多くは、大まかなプロットを書いたら、その後は絵コンテという形にさせてもらっているんです。

――『CREPUSCOLO』と『BENEDIZIONE』は、レアケースなのですね。

佐藤 コンテを描くのが(ずっと一緒に『ARIA』を作ってきた)名取君だからやろうと思いました。他の人だったら、イメージを伝えるためにどういう言葉を使えばいいのか悩みますけど、名取君だったら「まあ、こう書いとけばわかるよね。皆まで言わなくてもわかってくれるでしょ」という形で書けて、普通のシナリオとは違って、細かな説明とかは、かなり省いているんです。名取君からは、(『CREPUSCOLO』のときに)「ギャグ顔かどうかくらいは、書いておいてもらえるとありがたいです」というオーダーがありました(笑)。


この記事の画像

「最終章『ARIA』 佐藤総監督「10年先、20年先に『ARIA』が好きになった人にも繋がっていく」」の画像1 「最終章『ARIA』 佐藤総監督「10年先、20年先に『ARIA』が好きになった人にも繋がっていく」」の画像2 「最終章『ARIA』 佐藤総監督「10年先、20年先に『ARIA』が好きになった人にも繋がっていく」」の画像3 「最終章『ARIA』 佐藤総監督「10年先、20年先に『ARIA』が好きになった人にも繋がっていく」」の画像4
「最終章『ARIA』 佐藤総監督「10年先、20年先に『ARIA』が好きになった人にも繋がっていく」」の画像5
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「漫画」に関する記事

「漫画」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「漫画」の記事

次に読みたい「漫画」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク