review

人気作『ARIA』最終章公開 佐藤総監督「“持たざる者”としての描写が胸に響く」

「蒼のカーテンコール最終章」は姫屋の物語

人気漫画家・天野こずえの描く優しく温かな世界を忠実に描いたアニメ『ARIA』シリーズ。2008年の春、原作の連載と綺麗に歩みを揃える形で完結したが、2015年にテレビアニメスタート10年目を記念した「蒼のカーテンコール」プロジェクトの一環として、新作『ARIA The AVVENIRE』(以降、『AVVENIRE』)が公開。多くのファンを歓喜させた。

12月3日(金)に公開される『ARIA The BENEDIZIONE』のキービジュアル。本作で物語の中心となる姫屋のウンディーネだけでなく、『ARIA』シリーズのメインキャラクターが勢揃いしている

さらに、6年後の今年3月、「蒼のカーテンコール」第2章として『ARIA The CREPUSCOLO』(以降、『CREPUSCOLO』)が劇場上映。本日12月3日(金)に「蒼のカーテンコール」最終章の『ARIA The BENEDIZIONE』(以降、『BENEDIZIONE』)が劇場で公開された。

水の惑星アクアの観光都市ネオ・ヴェネツィアを舞台に、ゴンドラを優雅に操る水先案内人「ウンディーネ」たちの物語を描いてきた『ARIA』。この最終章は、老舗の大手水先案内店「姫屋」の跡取り娘、藍華・S・グランチェスタと、業界トップのウンディーネで藍華を一人前(プリマ・ウンディーネ)に育てた師匠でもある晃・E・フェラーリ、そして、藍華が直接指導している半人前(シングル)のウンディーネ、あずさ・B・マクラーレンらを中心とした物語となっている。

姫屋の創業当時から存在し、歴代のトップ・ウンディーネに受け継がれてきたレジェンドゴンドラ。周囲の人々は、晃の次は、藍華が引き継ぐことを期待していたが、藍華には、その意志がない。それを知ったあずさが理由を尋ねに行くと、藍華は「あれは呪いのゴンドラなのよ」と答えて……。

原作者による書き下ろしの新作ストーリーをベースに制作された本作について、脚本も担当した佐藤順一総監督にインタビュー。前編では、この作品が生まれるまでの経緯や、物語の中心となる藍華と晃について語ってもらった。

「藍華の昇格試験をちゃんとやるの?」と驚きました

――前作『CREPUSCOLO』と本作は天野先生の原作ネームを元に佐藤総監督が脚本を執筆する形で制作されているそうですが、本作の脚本作業は、前作の制作作業が終わったあとにスタートしたのでしょうか?

佐藤 『CREPUSCOLO』の脚本を完成させて、絵コンテの作業をしている頃に『BENEDIZIONE』の脚本も書きはじめたと思います。天野先生が描かれたネームが来てからの作業になるので、それが届いてから動き出した形でした。

――『CREPUSCOLO』の脚本作業が始まる前に、天野先生のネームが2本とも出来上がっていたわけではないのですね。ネームが届くまで、どんな内容になるのかは、まったくわからなかったのですか?

佐藤 その前の『AVVENIRE』が、漫画では描かれなかった先輩視点のARIAカンパニーの話だったので、漠然と「今度は、オレンジぷらねっとと姫屋を描くだろうな」とは思っていました。でも、具体的なことは全然わからなかったので、『CREPUSCOLO』のネームが届いたときには「あれ? なんか、みんなで歌ってる?」と驚きましたし、今回も「藍華の昇格試験をちゃんとやるのかな」と驚きました(笑)。

――連載された原作の中では、主軸の3人、ARIAカンパニーの(水無)灯里、オレンジぷらねっとのアリス(・キャロル)、姫屋の藍華のうち、藍華だけは一人前のウンディーネ(プリマ・ウンディーネ)への昇格試験を受ける姿が描かれてはいませんでした。

佐藤 原作では描かれていなかったので、アニメ(『ARIA The ORIGINATION』第12話)ではオリジナルのシーンとして、藍華がスタンダードな内容の昇格試験を受けている様子をオープニングバックで流しました。今回、天野先生の描かれたお話は、まさにそのシーンをもっと濃くした内容になっていて、アニメでやった試験のシーンも活かす形で、描かれていましたね。

人気作『ARIA』最終章公開 佐藤総監督「“持たざる者”としての描写が胸に響く」
これまでに語られたことのない藍華と晃の過去のエピソードも描かれる本作。公開されている本予告も、晃の「さあ、姫屋の未来を占うプリマ昇格試験の始まりといこうか」というセリフから始まる

晃と藍華の「持たざる者」としての描写が胸に響く

――佐藤総監督は、本作の主人公とも言える藍華をどのような人物として捉えていますか? 親友の灯里やアリス、先輩、後輩たちとの比較も含めて教えてください。 

佐藤 藍華はいちばんニュートラルというか、視聴者にいちばん近い存在だと思っています。天野先生がよく話されますが、オレンジぷらねっとの二人(アリスと先輩のアテナ・グローリィ)は、どちらも天才なんですよ。

――ゴンドラの操舵技術の天才と、舟謳(カンツォーネ)の天才ですね。

佐藤 ARIAカンパニーの二人(灯里と先輩のアリシア・フローレンス)もある種の天才というか、「幸せの達人」みたいな人たちで、藍華や晃がどれだけ頑張っても手に入れられないものを持っている人たちなんですよね。だから、姫屋の二人は、折に触れて「私たちは何も持たされていない」と言っていて。実際、才能はあると思いますが、「持たざる者」としての描写がけっこう胸に響くことが多いんです。


この記事の画像

「人気作『ARIA』最終章公開 佐藤総監督「“持たざる者”としての描写が胸に響く」」の画像1 「人気作『ARIA』最終章公開 佐藤総監督「“持たざる者”としての描写が胸に響く」」の画像2 「人気作『ARIA』最終章公開 佐藤総監督「“持たざる者”としての描写が胸に響く」」の画像3 「人気作『ARIA』最終章公開 佐藤総監督「“持たざる者”としての描写が胸に響く」」の画像4
「人気作『ARIA』最終章公開 佐藤総監督「“持たざる者”としての描写が胸に響く」」の画像5
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「漫画」に関する記事

「漫画」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「漫画」の記事

次に読みたい「漫画」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク