review

『ARIA』佐藤総監督×名取監督「またやれたらという予感や気持ちはあった」<前編>

『ARIA』佐藤総監督×名取監督「またやれたらという予感や気持ちはあった」<前編>
『ARIA』シリーズ最新作『ARIA The CREPUSCOLO』。前作『ARIA The AVVENIRE』まで監督を務めた佐藤順一が総監督。テレビシリーズで各話演出やコンテを担当し、前作で助監督だった名取孝浩が監督を務めている

『ARIA』最新作はオレンジぷらねっとが中心の物語

水の惑星アクアの観光都市ネオ・ヴェネツィアを舞台にした人気ヒーリングアニメ『ARIA』シリーズの最新作『ARIA The CREPUSCOLO』が3月5日(金)から劇場公開中。新たなキャストや、アニメオリジナルの新キャラクターを迎えて、全12巻で完結した天野こずえの原作漫画では描かれていない物語も展開していく。

【関連記事】5年ぶりの『ARIA』完全新作を語るメインキャスト鼎談「夢が現実になったような気持ち」

水の都でゴンドラを漕ぎながら観光案内を行うウンディーネ(観光水先案内人)の少女たちの夢と成長を追いながら、同じ志を持った仲間との友情や、先輩から後輩へと受け継がけていく思いなどを描いてきた『ARIA』。作中には、ARIAカンパニー、姫屋、オレンジぷらねっとという3つの人気水先案内店が登場するが、本作は、オレンジぷらねっとに所属するアリス・キャロル(CV:広橋涼)、アテナ・グローリィ(CV:佐藤利奈)、アーニャ・ドストエフスカヤ(CV:茅野愛衣)を中心とした物語となっている。

エキレビ!では、先日公開したメインキャスト座談会に続いて、佐藤順一総監督名取孝浩監督の対談を実施。この前編では、『ARIA The CREPUSCOLO』誕生の経緯など制作時のエピソードをネタバレなしで語ってもらった。

また続編をやれたらいいなという気持ちや予感はあった

──劇場上映もされた『ARIA The AVVENIRE』以来、約5年ぶりの新作である本作が制作されることになった経緯などを教えてください。

佐藤 原作の完結に合わせて(2008年に)テレビシリーズが終わったとき、プロデューサーさんから、「この後も続編とか何らかの展開をしたい」と相談はされたのですが、天野先生が漫画で続編を始めるとか、原作サイドからお話の元になるものが提案されなければ、アニメ独自で始めるのは難しいですよね、という話はしていて。『AVVENIRE』のときは、天野先生の方から描いたまま発表せずに眠っていたというネタが出てきたので、「じゃあ、やりましょう」という感じになったんです。

その『AVVENIRE』は、(主人公の水無)灯里がARIAカンパニーに来てプリマに昇格するまでを描いた本編の中で語られなかった話という方向性の作品だったんですね。であれば、姫屋とオレンジぷらねっとに関してもそういう話があるかもしれないし、天野先生からそういったお話のネタが出てくるのであれば、またやれたらいいなという気持ちや予感はありました。そうしたら、やはり天野先生から「こういったアイデアがあります」というネタが出てきたので、「また、やりましょう!」ということになったんです。

──名取監督は、企画参加の打診があったとき、どのようなお気持ちでしたか?

名取 『AVVENIRE』では、アーニャやあずさ(・B・マクラーレン)という新しいキャラクターが登場したものの彼女たちのドラマはあまり描けてはいなかったので。せっかく新しいキャラクターがいるのだから、(愛野)アイちゃんを含めた練習仲間3人組のドラマとかも作れたら楽しいなという思いはあったんです。自分の場合は、だいたい企画が固まってから話が下りてくることが多いのですが、お話をいただいた時には、楽しみだなと思いました。

──名取監督は、『ARIA』のTVシリーズで演出家デビューをされています。やはり、『ARIA』という作品に対して特別な思い入れなどはあるのでしょうか?

名取 僕が初めて参加したのは2005年に放送された第1期(『ARIA The ANIMATION』)なのですが、それから15年間ずっと関わり続けているわけではなくて。「『ARIA』のアニメをまたやるよ」という時に声をかけてもらってやっている形なので、その間の期間は当然、別の仕事をやっているんですね。そうやってふと戻ってきた時に、「演出の仕事って、最初の頃はこんな風にやってたな」と思い出させてくれる作品というか。例えば、田舎から東京に出てきて仕事をしている人が、お正月とかは実家へ帰ったりするじゃないですか。あれに近い感覚があります(笑)。

『ARIA』佐藤総監督×名取監督「またやれたらという予感や気持ちはあった」<前編>
ARIAカンパニーの水無灯里は、テレビシリーズ第3期「ARIA The ORIGINATION」で、一人前のウンディーネ(プリマウンディーネ)に昇格。現在は、新米ウンディーネの愛野アイを優しく指導している

今まで作ってきた『ARIA』から外れないことは意識

──『AVVENIRE』では、佐藤さんが「監督」、名取さんが「助監督」でしたが、本作では、「総監督」と「監督」という役職に変わっています。名取監督は『ARIA』では初めて監督を務められたわけですが、作品作りに臨む際の心境などに変化はありましたか?

名取 僕が監督を務めるとしても、映画館に来てくれる人が何を観たいのかを考えると、まったく新しい名取流の『ARIA』が観たいわけではない。今まで作ってきた『ARIA』から外れないことの方が求められているだろうということは意識していました。

──お二人の役割分担に変化はあったのでしょうか?

名取 音響周りのことは、これまでと同じく佐藤さんがやられていますし、僕は(絵作りの)現場の方を見るということも変わりません。では、何が変わったのかというと、これまでの場合、少し判断に迷ったときや、本当に重要なカット……1本につき10カットくらいは、佐藤さんに回してチェックしてもらっていたんです。でも、今回はそういうことを一切やっていなくて。絵的なことは全部自分のところで判断して、現場の人に対しても「ここはこうです」と言いきるようにしました。これまでよりも、現場監督的な責任を自分の方で取るようになった感じです。

あとは、コンテに関しても、これまでは佐藤さんと分担して描いていたのですが、今回はまるっと全部、自分の方でやっています。その上に佐藤さんの修正も入っていたりはするのですが。

佐藤 今回、僕にとって変化が一番大きかったのは、脚本をライターさんに発注しておらず、自分で書いたというところですね。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月6日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。