review

5年ぶりの『ARIA』完全新作を語るメインキャスト鼎談「夢が現実になったような気持ち」<前編>

5年ぶりの『ARIA』完全新作を語るメインキャスト鼎談「夢が現実になったような気持ち」<前編>
『ARIA The CREPUSCOLO』で、オレンジぷらねっと所属のウンディーネを演じる3人。左から、アーニャ・ドストエフスカヤ役の茅野愛衣、アリス・キャロル役の広橋涼、アテナ・グローリィ役の佐藤利奈

5年ぶりの『ARIA』完全新作アニメーションが劇場で公開

2005年〜2008年に3度もテレビアニメ化され、2015年〜2016年には完全新作の『ARIA The AVVENIRE』も劇場上映された天野こずえの人気コミック『ARIA』の優しく温かな世界が再び劇場に。3月5日(金)、TVアニメ放送開始15周年記念作品の完全新作アニメーション『ARIA The CREPUSCOLO』が全国77館の劇場で公開される。

【関連記事】『ARIA』佐藤総監督×名取監督「またやれたらという予感や気持ちはあった」

水の惑星「アクア」のネオ・ヴェネツィアを舞台に、「ウンディーネ」と呼ばれる観光水先案内人の少女達を中心とした日常が描かれていく『ARIA』。本作では、「オレンジぷらねっと」に所属するアリス、アテナ、アーニャの3人を中心とした物語が展開する。

エキレビ!では、15年間にわたってアリスを演じてきた広橋涼、本作からアテナを演じることになった佐藤利奈、前作『AVVENIRE』で初登場したアニメオリジナルキャラクターのアーニャを演じる茅野愛衣による鼎談を実施。この前編では、まず公開間近の心境から語ってもらった。

スタッフさんも『ARIA』が大好きだって伝わるような映像

──当初は2020年冬に公開予定と発表されていたものの、新型コロナ感染症の影響によって公開時期が変更になった『ARIA The CREPUSCOLO』がいよいよ公開されます。現在の心境を教えてください。

佐藤 私は今回からアテナさんを引き継がせていただいたのですが、じつは、収録からはけっこう時間が経っておりまして。皆さんに観てもらえるまでは、生きた心地がしないというか(笑)。ずっと2020年が終わっていないような心持ちでした。完成した作品も皆さんより一足早く拝見して、すごく素敵な作品だったので、それをようやく皆さんにも観てもらえる「やった!」という気持ちと同時に、私自身に関しては「どうなのかなあ……」という気持ちもあって。いろいろと複雑な感情が入り混じっています。お二人はどうですか?

5年ぶりの『ARIA』完全新作を語るメインキャスト鼎談「夢が現実になったような気持ち」<前編>
業界一の舟謳(カンツォーネ)の歌い手として知られるアテナ。TVシリーズ第1期から前作までは川上とも子(2011年に逝去)が演じ、歌唱を河井英里(2008年に逝去)が担当。河井の歌声は本作でも使用されている

広橋 今日、この3人とサトジュンさん(佐藤順一総監督)、監督の名取(孝浩)さんの5人で、(2月28日に行われた)完成披露上映会で流していただく映像の収録をしたのですが。その時にも着ていたこの衣装って、じつは、昨年(2月27日〜3月4日に)開催される予定だった、ファンの皆さんと一緒にヴェネツィアへ行く聖地巡礼ツアーの企画(『ARIA The MANHOME〜una bella passeggiata〜』)の時、現地のステージで着ようと思っていたお洋服だったんです。しわがつかないので海外にも持って行きやすいなって選んだワンピースなんですけどね(笑)。でも、新型コロナウィルスの影響でツアーが中止になって、この作品の公開時期が延びて、「このお洋服はいつ着られるんだ?」って思いながら、ずっとしまったままになっていました。それを、この先行上映会で、ようやく皆さんに観てもらえることになったので、自分としてはかなり感慨深いです。

──約1年越しでワンピースの出番が来たのですね。

広橋 本当は、ヴェネツィアでこのワンピースを着て、皆さんに「『ARIA』の映画やりますよ!」って発表するはずだったんです。この上映会では、直接、皆さんとお会いすることはできないのですが、「『ARIA』の映画、公開されますよ!」と言えたことがすごく嬉しいです。しかも、3月5日からは全国の映画館でも観ていただけるわけじゃないですか。それって、今の状況の中では、すごいことだと思うし、感謝の気持ちでいっぱいです。このまま無事に皆さんのもとに届いてほしいということが今、いちばん思っていることです。

──作った作品を上映し、観たいと思う人が観に行くという、以前は当たり前にできていたことが、簡単ではない世界になってしまいましたね。

広橋 「当たり前」とか「普通」と感じていたことが、じつはこんなにも奇跡みたいなことの積み重ねで生まれているんだってことは、この状況にならないと気づけませんでした。『ARIA』だけではなくて、この世の中は、本当に素敵な"みらくる"の連続で成り立っているんですよね。

茅野 今回の映画は、当たり前のことが当たり前じゃなくなっている今のタイミングにすごく優しく寄り添ってくれるお話だと思うし、そういう言葉がセリフの中にあったりもするので、今、観てもらえることをとても嬉しいと感じています。今回、新キャラクターとして登場するアレッタちゃんのセリフに、まさに今、皆さんに届けたいと思う素敵な言葉があるんですよ。

広橋 いい言葉だよね。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月4日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。