高3の孫娘がプロデュース。おじいちゃんのための「笑顔のたえないお葬式」

2019年6月に 「想送庵カノン」(東京都葛飾区) で行われたお葬式。葬儀社が主導で行ういわゆる一般的な家族葬とは異なり、お孫さんが中心になって、大切なお祖父さんとのお別れをかたちにしました。お祖父さん本人が自宅に招いたお客さんに語り掛けるような温かい雰囲気の中、お通夜の前夜、前々夜には故人を囲んでの飲み会(?)も開かれる、そんなお葬式だったそうです。
今回は喪主の濱田さんと、お葬式をプロデュースしたお嬢さんにお話を伺いました。今回ご葬儀を施行した会場は想送庵カノンです。


祖父の若いころの写真を整理する過程で分かったこともたくさんあった

高3の孫娘がプロデュース。おじいちゃんのための「笑顔のたえないお葬式」
インタビュアー

お祖父さまはどんな方でしたか?

高3の孫娘がプロデュース。おじいちゃんのための「笑顔のたえないお葬式」
喪主さま

父は水産会社のサラリーマンでした。
もともと父の親である祖父も同じ水産会社の社員だったので、自分の父親と同じ道に進みたかったのだと思います。祖父は父が小学校3年生のとき、戦争で亡くなりました。当時、船長というのは船と運命を共にしなければならなかったのですね。父自身も幼少期に山形のほうに疎開していたことがあったようです。

病気を患ってからは身体も曲がり、動くのがつらそうでした。ですが、介護施設ではなくサービスつきの高齢者住宅に住み、自分のことはなるべく自分でやろうとしていました。気丈な人だったと思います。

父の面倒は主に私の姉が見ていましたが、食事や就寝時間などにも気を使ってきっちりしてましたね。私はそんな父をこっそり飲みに連れて行ったりしていました。父は飲みに行くのが好きでしたから。

去年の12月ですか?父を連れ出しましたが、その時は話せなくなっていたんですね。よく行く郷土料理のお店で父の介護をしているという話をしたら、「連れてらっしゃいよ」と言われて。好きなものを食べさせていたら上機嫌で、話せなかったはずなのがカラオケまで歌い始めました。嬉しかったんでしょうね。


あわせて読みたい

はじめてのいい葬儀ガイドの記事をもっと見る 2019年9月23日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら