志田未来が『コウノドリ』で『14才の母』以来約10年ぶりの妊婦姿を披露「経験が体にまだ染み付いている」

志田未来が『コウノドリ』で『14才の母』以来約10年ぶりの妊婦姿を披露「経験が体にまだ染み付いている」

TBSで10月13日(金)よる10時からスタートする金曜ドラマ『コウノドリ』(初回は15分拡大スペシャル)の第1話に、志田未来が出演することが決定した。



本ドラマは、講談社「モーニング」で現在も人気連載中の鈴ノ木ユウが描く同名のヒューマン医療漫画が原作。2015年10月期にTBSでドラマ化され、産科医療の現場をリアルに描いて好評を博し、続編の放送が決定した。多くの感動と共感を生んだ作品の新シリーズとなる。



前作に引き続き、産婦人科医と天才ピアニストの2つの顔を持つミステリアスな主人公・鴻鳥サクラを綾野剛が演じるほか、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、星野源、大森南朋らオリジナルメンバーが引き続き出演するという。



そして、初回から佐々木蔵之介を はじめ豪華なゲスト出演者の発表が後を絶たない中、さらなる追加キャストとして志田未来が本作で“母”になる。



難しい役柄も圧巻の演技力で魅せる演技派の志田が今回『コウノドリ』で演じるのは、ペルソナ総合医療センターで働くサクラ(綾野剛)の元に診察に訪れる、生まれつきろうあ者の妊婦・早見マナ。同じく耳が聞こえない夫・健治(泉澤祐希)と共に支えあいながら生きているが、妊娠がわかった時、本当に育てられるのかと両親に心配され不安を抱えている。医療用語は手話や唇の動きだけでは伝えるのが難しく、担当医師のサクラや助産師の小松(吉田羊)とホワイトボートを使い筆談でコミュニケーションをとるのだが…という役どころだ。


あわせて読みたい

鈴ノ木ユウのプロフィールを見る
イータレントバンクの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年9月29日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。