トヨタの拠点化で注目される東北地方に、自動車関連の新たな拠点工場が開設

 東北地方のモノづくりが加速している。その中心となっているのが、日本の自動車メーカーの雄、トヨタ自動車だ。


 トヨタ自動車は震災当時、宮城県を愛知、九州に次ぐ国内第3の生産拠点と位置付け、2011年1月から新工場で自動車生産を始めたばかりだった。多くのメーカー同様、同社の工場も被害を受けたものの、数日後には電力復旧と同時に点検・試運転を果たし、翌4月には震災前の40%程度の生産を確保するまでに回復した。その後もトヨタの東北拠点化戦略は変わらないどころか、むしろ拡大戦略をとり、12年には同社グループの車両生産委託先など3社が合併した「トヨタ自動車東日本」を発足して強固な体制を築いている。また、同12年は岩手工場で製造している「アクア」の販売が好調だったことから、東北地方における車両生産台数もセントラル自動車と合わせて前年比4割増の50万台規模に膨れ上がった。


 自動車産業は裾野の広い産業だ。自動車を生産するためには、1台あたり数万点に及ぶ材料や部品が必要なため、最終製品を販売する自動車メーカーだけでなく、部品の製造業者も大きな恩恵を受ける。また、販売・整備・運輸など関連産業も広い範囲に及ぶため、地方経済を活性化する為にはまさにうってつけの産業といえる。我が国の重要な基幹産業であるとともに、震災で大きな被害を被った東北地方には復興の大きな力となっている。


 実際、東北7県の知事や産学の有識者により構成される「東北地方産業競争力協議会」が14年に策定した成長戦略においても、自動車産業は東北地域における戦略産業と位置づけられており、地域一体となった取り組みが行われている。東北地域には現在、電子部品・デバイス、輸送機械、情報通信機械など多様な産業が集積し、これを支える機械加工、金型、樹脂成形、表面処理、鋳鍛造、プレス加工等の卓越した技術を持つ企業も充実しているが、その勢いは衰えず、未だ新規参入企業が増えるなど、拡大、加速を続けているのだ。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュース

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュース

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュース

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月22日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。