アプリの「権限許可」は慎重に! 思わぬ個人情報漏えいの危険

アプリの「権限許可」は慎重に! 思わぬ個人情報漏えいの危険

 すっかり生活に馴染んだスマホアプリ。日々新しいものが配信されており、便利で有用な機能が搭載されているため、ついついインストールしてしまいがちだ。しかし「権限の許可」によっては、多くの個人情報が筒抜けとなってしまうので注意が必要だ。


 「自撮りを華やかなエフェクトで加工してくれるアプリ」「風景写真をアニメ風に加工するアプリ」などなど、楽しげで興味を引くアプリが日々登場している。これらは主にインスタグラム、ツイッター、FacebookなどのSNSで話題となり、実際にその機能で加工された写真などと共に名称が拡散されるため、多くの人々が目にしてダウンロードすることとなる。


 しかし、便利な機能が無料で使えるのには理由がある。その代償となっているのは、主にユーザーの個人情報なのだ。セキュリティソフトメーカーのカスペルスキーは、画像加工アプリ「Meitu」について、公式ブログ上で「さまざまな利用者データを収集していることが判明した」と注意喚起した。


 それによると「Meitu」は、スマートフォンとの連携の際に、以下のような権限を求めてくるという。位置情報の収集、メモリ内のデータの読み取り・変更・削除、IME(国際移動体装置識別番号=スマートフォン固有の識別子)へのアクセス権などだ。単なる画像加工アプリを利用するために必要だとは到底思えない、詳細な個人情報といえよう。


 また、風景写真をアニメ風に加工するアプリ「everfilter」は、電話番号、端末ID、通話状況、保存されている画像・動画・音声データへのアクセス権などを要求していた。さらに「加工」と称しながら、実は人気アニメ映画「君の名は」の背景画像を無断で使用して、合成していたことが判明。所在地不明の運営元TopBuzz Japanが、謝罪の上で配信を一時停止するに至った(現在は再開)。


あわせて読みたい

気になるキーワード

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2017年2月15日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。