トヨタ、カローラのラインアップに新たに加わるSUV「カローラ・クロス」発表

トヨタ、カローラのラインアップに新たに加わるSUV「カローラ・クロス」発表
       

 トヨタはグローバルモデルのカローラシリーズに新しいコンパクトSUV「カローラ・クロス」を追加し、タイで世界初公開して販売を開始した。今後、順次、導入国を拡大するとしている。


 カローラシリーズは、1966年に日本で初代を発売して以降、世界150以上の国と地域で累計4800万台以上を販売してきたトヨタのグローバルベストセラーカーだ。カローラは、常にその時代のニーズ、地域のニーズに即して進化を遂げ、今回世界的に需要が高まっているSUVモデルが新たにシリーズに加わり、これまで以上に充実したラインアップとした。これにより、セダン、ハッチバック、ステーションワゴン、そしてSUVとライフスタイル・ライフステージに合わせて選択できるようになった。


 新型カローラ・クロスは、「COROLLA MEETS SUV」をキーワードに、期待を超える「車格感、力強さを感じさせる外観」+「ユーティリティ、使い勝手の良さ」の両立を目指して開発した新しいSUV。


 TNGAプラットフォーム(GA-C)を採用し、上質な走りと快適な乗り心地、静粛性を実現している。また、快適性能に加えて、広々としたキャビン、乗降性の良さ、あらゆるシーンで使用いただけるクラス・トップレベルのラゲージスペース、カローラシリーズから引き継いだ安全装備により、「快適・便利・安心」を追求したクルマに仕上がった。


 コンセプトはエクステリアデザインが表している。スペースと車格を感じる伸びやかなサイドビュー。そして堂々として力強い、フロント、リヤの構え。力強いFRフェンダーの造形で、アクティブな雰囲気を演出している。


 パワーユニットは1.8リッター4気筒ガソリンと1.8リッターエンジン+モーターのハイブリッドTHSⅡの2種。ボディ寸法は全長×全幅×全高4660×1825×1620mm、ホイールベースは2640mm。車重は軽く、ガソリン車が1325kg、ハイブリッド車でも1385kgだ。サスペンションは前ストラット、後トーションビームで、タイヤは17インチと18インチの2種となる。日本における発売時期、価格は未定。(編集担当:吉田恒)

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュース

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スバル」のニュース

次に読みたい関連記事「スバル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュース

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月12日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。