シンガポール、カトンエリアで、プラナカン文化を堪能しよう

シンガポール、カトンエリアで、プラナカン文化を堪能しよう
観光地として日本人に人気のシンガポール。そのシンガポールの南東に、「カトン」と呼ばれるエリアがある。あまり知られていないかもしれないが、実はカトンには、この地区ならではの魅力的なスポットが多く存在する。シンガポール料理を代表するラクサの発祥と言われるお店や、伝統的なプラナカン文化の街並みなど、他では味わえない楽しみ方ができるだろう。

今回は、そんなカトン地区に訪れたら、ぜひ訪れてほしいスポットを紹介しよう。

カトンエリアとは?

そもそもカトンエリアとは、一体どんな場所なのだろう。シンガポールには、アラブストリート、リトルインディア、中華街など、それぞれの文化の息づく地区が多く点在しているが、ここカトンは、マレーと中国、そしてヨーロッパの文化が混ざり合う、プラナカン文化の色が濃い地区だ。プラナカン文化とは、約600年ほど前、貿易の拠点であったマラッカにやってきた中国人たちと、現地のマレー人達の間に生まれた子孫たちが育んできた文化のことを指す。イギリス植民地時代には、マレーと中国以外にも、ヨーロッパやアジアの様々な文化が混ざり、独自の文化となっていった。プラナカンの代表的な文化として、鮮やかな色合いのビーズをふんだんに使った刺繍や陶器、中華とマレー料理の合わさったニョニャ料理などがあげられる。カトンエリアは、それらの文化を存分に楽しめる地区なのだ。

1.イースト・コースト・ロード

この地区一番の見どころは、やはりメインストリートであるイースト・コースト・ロードだろう。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. シンガポール お土産
  2. シンガポール 旅行
  3. シンガポール 観光
GOTRIP!の記事をもっと見る 2018年9月1日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「シンガポール + 旅行」のおすすめ記事

「シンガポール + 旅行」のおすすめ記事をもっと見る

「シンガポール + 観光」のおすすめ記事

「シンガポール + 観光」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「フランス」のニュース

次に読みたい関連記事「フランス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら