鹿島・鈴木優磨に揶揄…マンC劇的優勝で「やっぱりプレミア」と投稿も…
拡大する(全1枚)

 明治安田生命J1リーグの鹿島アントラーズに所属するFW鈴木優磨(26)が23日にツイッターを更新。マンチェスター・シティとリバプールによるプレミアリーグ優勝争いの衝撃的な結末に言及した。

 マンチェスター・シティは第37節終了時点で勝ち点93を獲得。首位のままプレミアリーグ最終節・アストン・ビラ戦に臨んだが、リバプールとの勝ち点差がわずか「1」であったため、自力優勝には勝利が絶対条件だった。

 そのマンチェスター・シティは前半から主導権を握るものの、37分に先制ゴールを献上。前半のうちに同点に追いつくことはできず、0-1でハーフタイムを迎える。一方、同時刻キックオフのリバプール対ウルバーハンプトン・ワンダラーズは1-1で前半を終了。後半45分間を残す中、マンチェスター・シティは依然として優勝争いで優位に立っていた。

 後半に入ると、マンチェスター・シティは69分に追加点を奪われ2点ビハインドの状況に。リバプールは1-1からスコアを動かせず、両チームとも終盤を迎える。

 すると、マンチェスター・シティはドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアン(31)の2ゴールとスペイン代表MFロドリ(25)の得点により、76分からわずか5分間で逆転に成功。3-2でアストン・ビラを下し、見事リーグ優勝を成し遂げた。一方、リバプールも84分から5分間で2ゴールを奪い3-1で勝利したものの、わずか1ポイント差でタイトルを逃している。