以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「有限亭玉介」氏(ブログ:儲かる株情報「猫旦那のお株は天井知らず」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

-----------

※2022年5月23日13時に執筆

株&猫ブログ「儲かる株情報『猫旦那のお株は天井知らず』」を執筆しております、有限亭玉介と申します。

好決算で急動意した後に米金利の警戒感から売られるなど予測が出来ない値動きが続いている印象です。ひとまず嵐が過ぎるまで待とうと、手仕舞いとする投資家も多いようです。金利上昇と聞くとグロース売りがセオリーですが、米国市場を見るとグロース株に限らず米国を代表する大企業まで売られているのが現状です。

米長期金利に目を向けると、一時は3.2%台まで上昇する場面もありました。その後は2.8%台(5月20日時点)まで下げており、右肩上がりの推移から落ち着いています。ただ、これで米長期金利がピークアウトしたと見るのは早計で、一時的なポジション調整と見られているようです。

4月の米消費者物価指数は前年同月比8.3%上昇という事ですので、まだまだ経済の過熱感があります。FRBとしても目に見える結果が出るまでは、利上げに加えてテーパリング(量的緩和の縮小)を継続すると考えていいでしょう。投資家としては、海外諸国のインフレの様子を見ながらリスクオフの投資となりそうです。