エメラルダス ピークRVに2022年新サイズ・2.5号登場!
拡大する(全7枚)
エギのアップ写真

ラトルの入ったエギとして人気の高い、ダイワのエメラルダス ピークRV。

2022年には、最小ボディサイズ・2.5号が新しく追加されます。

秋のエギングシーンに欠かせないサイズですから、アングラーから注目を浴びるのは間違いないところでしょう。

ここでは、エメラルダス ピークRVの特徴や、マッチしそうなおすすめタックルについてご紹介します。

エメラルダス ピークRVってどんなエギなの?

エメラルダス ピークRVとは、ダイワから発売中のエギングゲームが楽しめるエギのことです。

サイズ設定は、4種類用意されています。

2022年に追加設定となる2.5号、それから3.0号・3.5号・4.0号から釣り場のシチュエーションに合わせて選んでください。

エメラルダス ピークRVの特徴をピックアップしてみましょう。

まずは、飛距離がしっかり伸びること。

ボディフォルムは、いわゆる大分型と呼ばれるタイプになっていて、重量のバランスや各部位の形状を突き詰めながら、飛行中の姿勢が安定するように作られています。

実際にラインに結んで、オーバーヘッドキャストを敢行してみると、射出されてからの安定感がバツグン。

不意に回転してしまうようなトラブルはほとんど無く、伸びていくような飛行を続けてくれます。

飛距離が伸びると探れる範囲が広がりますから、遭遇するイカの数も比例してアップするでしょう。

それから、とても低重心に作られていることも注目ポイントです。

キャストして着水、そのままフォールさせると、その姿勢が極めて安定していることに気づかされます。

イカはそういう安定した姿勢を見て、抱くか抱かないかを判断しますから、エメラルダス ピークRVのフォールは誘い要素に満ちているといえそうです。

またロッドを立ててラインにテンションを加えたとき、適度な抵抗を感じることができます。

これはエメラルダス ピークRVのボディやアゴ下シンカーが、しっかりと水をつかんでいる証し。

潮の流れをとらやすいことにつながりますから、キープしておきたいレンジに置き続けるようなアプローチを得意としています。

そこからロッドワークを加えて、ダートアクションや跳ね上げアクションに移行するのは、とてもカンタンです。

操作性が高く、アングラーのイメージ通りにアクションしてくれるのが、エメラルダス ピークRVの強みです。

ラトルサウンドもプラスされるので、イカを呼び寄せるのにとても便利なアイテムとなるでしょう。


この記事の画像

「エメラルダス ピークRVに2022年新サイズ・2.5号登場!」の画像1 「エメラルダス ピークRVに2022年新サイズ・2.5号登場!」の画像2 「エメラルダス ピークRVに2022年新サイズ・2.5号登場!」の画像3 「エメラルダス ピークRVに2022年新サイズ・2.5号登場!」の画像4
「エメラルダス ピークRVに2022年新サイズ・2.5号登場!」の画像5 「エメラルダス ピークRVに2022年新サイズ・2.5号登場!」の画像6 「エメラルダス ピークRVに2022年新サイズ・2.5号登場!」の画像7