白血病と戦い続けるミハイロビッチ。完全復活に向け、心の炎を燃やす

白血病と戦い続けるミハイロビッチ。完全復活に向け、心の炎を燃やす

文 神尾光臣

 11月29日、ボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督が4カ月ぶりに記者会見を行った。同監督は骨髄性急性白血病を発症し、7月から入院治療を行っていたが、11月に3度の入院治療サイクルを完了して退院していた。

選手たちも待ち望んだ指揮官の帰還

 ボローニャのホームスタジアム、レナート・ダッラーラの会見室で実施された記者会見は、ウェブでも生中継された。すると開始から間も無く、日本代表DF冨安健洋を含む全選手が入場。そして選手を代表して主将のMFブレリム・ジェマイリが挨拶をし「いない間は心細かった。僕たちは帰還を本当にうれしく思っている。お帰りなさい」とスピーチをした。

 会見にはボローニャ大学の血液科医師2名が同席。ミケーレ・カーボ、フランチェスカ・ボニファルツィ両教授は、検査の開始から白血病細胞を消滅させるための2度の化学治療、そして骨髄移植手術に至る過程を丁寧に解説した。「(会見の11月29日は)ちょうど骨髄移植から1カ月の時期。最終的な結論が出るまでには時間が必要で、それまで人混みなどは避けていただく」と監督の状態を説明したカーボ教授は「シニシャさんは常にポジティブな面を見せる気丈な人だった。いつも医師団を信用してくれたし、患者の模範でいてくれた」と姿勢を称えた。

 そのミハイロビッチ監督は、医療スタッフや看護師全員の名前を読み上げつつ、時折声をつまらせながら「患者の心理をよく理解してくれた上でケアにあたっていただいた皆さんに感謝したい。この4カ月間で会った素晴らしい方々のことは生涯忘れません」と感謝を述べた。そして毎日寄り添ったアリアンナ夫人には「私よりも度胸のある人物。愛している」とメッセージを送り、また家族や温かいメッセージを送ったボローニャや他クラブのファンにも感謝を述べた。


あわせて読みたい

footballistaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月1日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。