『SNK』の格闘ゲームで多くの男性を魅了してきたキャラクターといえば、もちろん不知火舞ですね。2月17日に発売された新作『THE KING OF FIGHTERS XV』にも、当然のようにプレイアブルキャラクターとして参戦。今も多くのプレイヤーを虜にしているようです。

なぜ彼女は、格闘ゲームを代表する大人気ヒロインの1人となったのでしょうか。今回はそんな“いろいろと大きすぎる”不知火舞の魅力を掘り下げていきましょう。

格闘ゲームにお色気を持ち込んだヒロイン
誤解を恐れず結論から言いますと、不知火舞の魅力の8割はその豊満なバスト。彼女は1992年の『餓狼伝説2』で初めて登場したキャラクターなのですが、その時から胸の“揺れ”にこだわりが感じられました。

「不知火流忍術」の独特な前傾姿勢で、胸の谷間が強調されているところもポイント。ちなみに胸やヒップを露わにしたあの戦闘衣装は、相手を魅了するためにあえて着用しているそうです。

『KOF XV』に登場する不知火舞のグラフィックも大好評で、プレイヤーからは「たゆんたゆんしてる」「やっぱり不知火舞凄いね。揺れが」といった声が。実際に前作のナンバリングタイトル『KOF XIV』の不知火舞と比べると、より胸が大きく描かれ、揺れ方が若干リアル寄りになったような気がします。

ストリートファイター」シリーズの春麗と双璧をなす格闘ゲームのヒロインとして語られることもある不知火舞ですが、そんな彼女が人々にもたらした影響ははかり知れません。

この記事の画像

「『KOF XV』でも人気衰えず!格ゲー界ヒロイン代表・不知火舞の存在感が“デカイ”理由」の画像1 「『KOF XV』でも人気衰えず!格ゲー界ヒロイン代表・不知火舞の存在感が“デカイ”理由」の画像2 「『KOF XV』でも人気衰えず!格ゲー界ヒロイン代表・不知火舞の存在感が“デカイ”理由」の画像3