国内銀行の約6割で給与アップ! 行員減は過去最多なのに......

国内銀行の約6割で給与アップ! 行員減は過去最多なのに......
国内銀行の約6割で給与アップ!

マイナス金利の影響などで厳しい収益状況にあるはずの国内銀行の約6割で、行員の給与が上昇していることがわかった。東京商工リサーチが2019年7月24日に発表した。

2019年3月期決算で、81行のうち46行の年間平均給与が、前年よりも上回っていた。

最高は東京スター銀行、地方銀行だけがダウン

調査によると、国内の81の銀行の平均年間給与(基本給与+賞与・基準外賃金)は、2019年3月期に619万5000円(中央値613万5000円)だった。前年同期の607万7000円から、1万8000円の増加。2016年以来、3年ぶりに前年を上回った。

業態別にみると、大手行が前年より2万円増の759万7000円(中央値760万6000円)、第二地方銀行が8万円増えて554万9000円(同539万1000円)と上昇した。第二地銀と大手行の給与には、204万8000円(前年同期は210万8000円)の差があったが、この3月期にはその差が6万円縮小した。

一方、地方銀行は前年を1万8000円下回る621万4000円(中央値624万4000円)。大手行と地銀の給与は138万3000円の差があった(前年は134万5000円の差)。前年同期と比べて、その差は3万8000円に広がった。

平均給与が最も高い銀行は、第二地銀の東京スター銀行で926万6000円。前年の796万400円から、130万2000円も増えて、2013年以来6年ぶりにトップに返り咲いた。2位は三井住友銀行の820万3000円、3位はあおぞら銀行の803万7000円だった。


あわせて読みたい

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る 2019年7月31日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら