日本の輸出規制強化で始まった日韓経済戦争は2か月半を超えた。韓国では過去に何度も日本製品の不買運動が起こったが、アッというまに終わるのが通例だった。

「熱しやすく冷めやすい国民性なのに、なぜ?」と、韓国メディアも不思議がる。長引く不買運動の弊害は韓国国民にブーメランで返っている。韓国紙から読み解くと――。

日本式飲食店の跡地にできる北朝鮮風酒場の悪評

ソウル市内に「弘大」(ホンデ)というにぎやかな街がある。弘益(ホンイク)大学前の大通りを中心にした繁華街で、日本でいえば渋谷や原宿に相当する若者文化の街。弘益大学(弘大)が、デザイナーや美術家、ミュージシャンなどを専門に輩出するお洒落な芸術系大学だからだ。

そのホンデで、行き過ぎた日本製品不買運動を象徴するような出来事が報じられた。

大人気だった日本式飲食店が閉店に追い込まれ、「北朝鮮風酒場」に生まれ変わるのだ。朝鮮日報(2019年9月22日付)「日本式飲食店の跡に北朝鮮風の飲食店出現」が、こう伝える。

「弘益大学前では、北朝鮮の金日成(キム・イルソン)・金正日(キム・ジョンイル)父子の肖像画を外壁に描いた『北朝鮮式飲食店』が開業に向け準備中だ。日本の木造建築物をまねて作った2階建ての有名日本式飲食店が最近の反日ムードで閉店した場所だ」

ここには「うまい京都」という名前の日本料理店が営業していた。韓国のグルメサイトにはよく載り、若者らにも人気の店だったが、その跡に登場した店が市民のひんしゅくを買っている。